ブログで疲れるのは普通のこと!ブログで疲れた時にやるべき対策4つ

ブログ

ブログで疲れるのは普通のこと!ブログで疲れた時にやるべき対策4つ

小川フクロウ
Webマーケティング企業出身、フリーランスWebライターの小川フクロウです。

未経験〜半年以内に月収40万円達成、メディア運営に携わって生活しています。

  • ブログ運営って疲れない?
  • どんな時に疲れを感じる?
  • ブログ疲れの対策は?

以上の悩みを解決できる記事を用意しました。

 

ご紹介する「ブログ運営で疲れたときにやるべき対策」を読めば、ブログ運営で感じる疲れを軽減できますよ。

 

現時点で90記事(6,000文字〜10,000文字)程作成し、「今までに感じたブログ疲れ」や「効果のあった対策」を紹介していきます。

 

「まずはブログで疲労感を感じるのは普通なの?」という疑問に回答しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

ブログで疲労感を感じるのは普通っぽい

ブログで疲労感を感じるのは普通っぽい

大物ブロガーを見ていても、だいたいみんな疲労感感じているっぽいんですよね。

小川フクロウ
先日、副業コンパスのクニトミさん(月収500万以上)と話した時にも、「疲れを感じること全然ありますよ!」的なこと言ってました!

 

そもそも「文章書くこと」が頭脳労働としてハードですし、結果が出るまで正解・不正解がわからないことばかりなんですよね。

 

インプットとアウトプットのバランスも重要みたいなので、成果が出ていようが出ていまいが、ブログで疲れは普通のことのようです!

ブログあるある!ブログ運営で疲れを感じること5つ

ブログあるある!ブログ運営で疲れを感じること5つ

以下では、僕が「ブログ運営で疲れを感じたこと」を紹介していきますね。

 

「作業レベル」や「運営レベル」で疲労を感じることをまとめたので、現在疲れを感じている人は参考までにどうぞ!

ブログで疲れを感じること

  1. やっていることが正解なのかわらかない
  2. 同じような記事内容でマンネリ化する
  3. WordPress入稿作業がわりとめんどくさい
  4. リサーチが必要な記事にげんなりする
  5. 短期間で成果を出している人にうんざりする

その1:やっていることが正解なのかわからない

「何が正解かわからない」っていうのは、初心者なら誰しも感じてることなんじゃないでしょうかね。

 

基本的に結果が出るまで正解・不正解がわからないので、ことあるごとに疲労感(絶望感)を感じるものなんですよね。

正解かわからず疲労すること

  • キーワード選定
  • ジャンル選び
  • アフィリエイト案件選び
  • ブログの書き方
  • 月間投稿本数
小川フクロウ
ぶっちゃけノウハウを理解していても、数ヶ月後に結果に現れるまでは「本当にあってんのかよ」って感じます。

 

ブログ以外でも同じですが、すぐに成果が出ないことは、「不正解かもしれないリスク」を飲み込むしかないんですよね。

その2:同じような記事内容でマンネリ化する

一定のジャンルを扱っていると、似たような記事内容が増えますよね。

 

似たような記事ばっかり書くと、だんだんマンネリ化してきて、疲労感がたまってくるっていう。

小川フクロウ
「本心から伝えたいこと」のレパートリーも減るので、若干「書くことないよ」って気持ちにもなりますね。

 

特にSEOで勝負する場合には、似たような対策キーワードも多いので、避けては通れない道かもしれません。

その3:WordPress入稿作業がわりとめんどくさい

作業レベルの話ですが、「WordPress入稿作業」がやること多くて地味に大変でして。

 

「やっと記事を書き終わった!」って状態から入稿作業するので、当然疲れるってわけです。

疲れるWordPress入稿作業

  • 行間調整
  • 見出しタグ入れ(h1・h2・h3・h4)
  • ボックス挿入
  • 箇条書き(ナンバー含め)
  • 太字・赤字入れ
  • 内部リンク挿入
  • アフィリエイトリンク挿入
小川フクロウ
あの作業を考えると若干憂鬱になりますね。僕は1万字くらいの記事も多いので、2時間くらいかかることも。。

 

「WordPress入稿」に関しては、ぶっちゃけ外注したいランキング第1位ですね。

その4:リサーチが必要な記事にげんなりする

実体験のみで書ける記事ならいいんですが、内容によっては「情報のリサーチ」が必要なことも多いんですよね。

 

簡単なことならいいんですが、そもそもの「定義レベル」から調べる時とかは、結構消耗する印象です。

 

小川フクロウ
あくまで作業レベルの話とはいえ、結構地味に疲労を感じるタスクですね。

 

構成作ってみたはいいけど、「詳しく調べないと書けないかも!」みたいな記事は、もはや本心としては書きたくないかもしれません。

その5:短期間で成果を出している人にうんざりする

「3ヶ月で月収10万円達成しました!」みたいな成功ツイートを見ると、ものすごく疲れるんですよね。

 

今やっていること全部間違いなんじゃないか」っていう気持ちになって、記事作成意欲も減っていきます。

 

また「自分だけ特別遅いんじゃないか」みたいに思えてきて、ペース感も乱れてくるっていう。

 

でも僕も1年間(サボり3ヶ月くらい)で1万PV程&月7万円でして、短期間で成功する人ってかなり稀な気がします。

 

ブログ疲れをなくすには、他人のペースに惑わされないことも重要かもしれません。

ブログ運営で疲れた時にやるべき対策4つ

ブログ運営で疲れた時にやるべき対策4つ

「ブログで疲れた時にやるべき対策」をまとめました。

 

「最近モチベーション低いかも」って方は、ぜひ参考にしてみてください!

疲れた時の対策4つ

  1. インプットを増やす
  2. 書きたいテーマで書く
  3. ブログ運営の目的を思い返す
  4. 休んで人生経験を増やす

その1:インプットを増やす

ブログで疲労感を感じた時には、インプットを増やすのがオススメですね!

 

というのも記事作成だけしていると、インプットが少なくなって「本心から書きたいこと」がなくなっていきます。

 

その結果「なんか書いててもつまなんないな」「文章がはまらないな」ってなりやすいんですよね。

 

なおオススメのインプットの増やし方は、以下で3つ紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

オススメのインプット

  1. 読書する
  2. 人と話す
  3. スキルを取得する
小川フクロウ
SEO的な「書くべきこと」は無数にありますが、本心での「書きたいこと」は、どんどん減っていくんですよね。

インプット1:読書する

インプットを増やすなら、手軽に偉人の考え方を学べる「読書」が最適かと。

 

心に響くことが多々あるはずなので、自然と「書きたい」と思うことが増えるはずですよ。

僕がモチべ低下時に読む本

  • 奇跡のリンゴ
  • 嫌われる勇気
  • 生き方 人間として一番大切なこと
  • 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

本によっては、「そもそもブログをやっている目的」にも気づかせてくれることもあります。

 

イン:アウトのバランスって崩れやすいので、「毎月5冊」みたいに決めておくのがオススメです。

小川フクロウ
本心としては全時間を記事作成に当てたいんですが、うまくバランス取るべきなんでしょうね。

インプット2:人と話す

副業ブログをがっつり取り組むと、人と会う機会が結構減るんですよね。

 

会話で気づけることも多いですし、孤独すぎるとメンタルがよどむので、人と会うのは結構重要なのかもしれません。

小川フクロウ
僕は在宅ワークなんですが、1〜2ヶ月くらい人と会わないと気持ちがかなり沈みますね。

 

考え方も偏ってくるので、書きたいことの幅を広げるためにも、スケジュールに組み込むとよいかもです。

インプット3:スキルを取得する

新しいスキルの取得は、そのままネタにできるのでオススメです。

 

実践したことだからこそ、「読者の気持ち」がわかるはずなので、記事にしたら高品質になりそうですね。

スキルの一例

  • プログラミング
  • Webデザイン
  • Webマーケティング
  • Webライティング

たとえばWebデザインを学んだら、「おしゃれなアイキャッチ画像の作り方」とかを紹介するイメージです。

 

またその延長戦として、「アイキャッチ画像作成」の依頼を仕事で受けちゃうのもありですよね。

小川フクロウ
僕ならスキルを学ぶ専門スクールに通って、そのスクール紹介記事でマネタイズしたりすると思います。

 

リフレッシュにもなるはずなので、チャレンジしてみたいことがある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

その2:書きたいテーマで書く

普段扱っているジャンルと違う「書きたいテーマ」で書くのも、結構オススメのやり方ですね。

 

前述したように、マーケティング的に「書くべき記事」ばかり書くと、マンネリ化して消耗します。

 

僕も経験がありますが、「書きたいテーマ」で書くことで、気持ちをリフレッシュできますよ!

書きたいテーマの一例

  • マネタイズに関係ない記事
  • 全然関係ないジャンルの過去の経験談
小川フクロウ
しかも「書きたい記事」は上位表示しやすいので、アクセスがつくことで、関節的にプラスになります。

 

特化ブログだと厳しいかもですが、雑記寄りのブログには特にオススメの方法です!

その3:ブログ運営の目的を思い返す

ブログ運営の目的を思い返す方法もオススメですね。

 

というのも行動ばかりしていると、目標・目的があいまいになってくるものでして。

 

定期的に思い返すことで、モチベーションをキープしやすくなりますよ。

ブログ運営の目的の例

  • ブログで月50万円稼いで脱サラする
  • ブログで月30万円稼いでフリーランスになる
  • 同じ悩みを抱えている人の役に立つ
  • 有益な情報発信で社会貢献する

上記のような感じでして、副業目的でやっている人とかならイメージしやすいかもです。

 

普通に3日もすれば薄れ始めるので、夢・目標をイメージできる画像を用意しておくのがオススメです!

その4:休んで人生経験を増やす

無理して書いても消耗するので、思い切って休んじゃうのも全然ありですよね。

 

ネタを増やすためにも、休んでいる期間には「やりたいこと」にチャレンジするのがオススメです。

小川フクロウ
もし僕ならASPで「広告案件」を調べて、マネタイズできそうなジャンルで遊びまくります。

 

実体験で語れることって最強なので、ネタをストックする感覚で休めば、またモチベーション高めらられるかもですね!

ブログに疲れた歳の注意点:手抜き記事を書かない

ブログに疲れた歳の注意点:手抜き記事を書かない

どんなに疲れても、手抜き記事を書くのはオススメできません!

 

というのも以下のような理由があるから。

  • ブログへのモチベーションが下がるから
  • 検索エンジンGoogleの評価が下がるから
  • 次の記事の質も下がるから
  • 読者が減る可能性があるから

たとえば低品質記事は、上位表示されないばかりか、他記事の順位にも悪影響を及ぼす可能性があります。

 

惰性で更新するくらいなら、一度休んでモチベーションの回復を待ってみるのも手かと思いますね。

疲れを感じたら対策してモチベーションを保とう!

疲れを感じたら対策してモチベーションを保とう!

ご紹介した「ブログ運営で疲れた時にやるべき対策」を実践すれば、今感じているブログ疲れを軽減できるかもしれませんよ!

 

最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきます。

ブログで疲れを感じること

  1. やっていることが正解なのかわらかない
  2. 同じような記事内容でマンネリ化する
  3. WordPress入稿作業がわりとめんどくさい
  4. リサーチが必要な記事にげんなりする
  5. 短期間で成果を出している人にうんざりする

疲れた時の対策4つ

  1. インプットを増やす
  2. 書きたいテーマで書く
  3. ブログ運営の目的を思い返す
  4. 休んで人生経験を増やす

ぜひご紹介した内容を「ブログ疲れの対策」として参考にしてみてください!

 

僕もブログ仲間がいるとメンタル的にありたがいので、ぜひツイッターをフォローしてもらえたら嬉しいです。

-ブログ

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.