目標を叶える・達成するための5ステップ

ライフスタイル

実現性をアップする!目標を叶える・達成するための5ステップ

小川フクロウ
フリーランスWebライターの小川フクロウです。

学生時代にプロミュージシャンになる夢を達成、大人になってからはライターになる夢を実現しました!

  • 目標を叶えられなくて苦しい!
  • 目標を達成する方法を知りたい!
  • なんとしても叶えたい夢がある!

以上の悩みを解決できる記事を用意しました!


ご紹介する「目標を叶えるための5ステップ」を実践すれば、本気で叶えたいと思う夢の実現性を高められますよ!


夢を叶えるために300冊以上の本を読み、定期的にメンタルトレーニングを受けている僕が、実体験ベースで紹介しますね。


前半で「目標を叶えるために必要な考え方」、後半で「目標を叶えるための5ステップ」を解説していきます!


「何としても夢・目標を実現したい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

目標を叶える・達成するために必要な考え方5つ

目標を叶えるための考え方

まずは、目標を叶える・達成するために必要な考え方5つを紹介していきます。


目標達成において特に重要となる「前提部分」を紹介するので、ひとつずつ確認してみてください!

目標を叶えるのに必要な考え方

  1. 長期スパンで捉えて一気一憂しない
  2. 小さな選択の連続が結果を作る
  3. 成功者もみんなただの人間である
  4. 夢はただの行動目標にすぎない
  5. 行動の成否は後にならないとわからない

その1:長期スパンで捉えて一気一憂しない

目標の実現には、長期スパンで捉えて一気一憂しない意識が重要となります。


というのも目標を達成するためには、相応の行動量が必要となり、無数の失敗を経験することになります。


そのため短期的に捉えてしまうと、目先の失敗が怖くなり、積極的に挑戦できなくなってしまうんですよね。


小川フクロウ
結果として、同じ場所をぐるぐる回ることになり、いつまで経っても成長できないっていう状況になるかと。


長期的に捉えれば、目先の失敗を「ただのプロセス」と思えるので、正しいスパンで目標を設定しましょう。

その2:小さな選択の連続が結果を作る

目標を実現する上では、「小さな選択・行動の連続が結果を作る」っていう事実も理解しておくべきかと。


っていうのも、「目の前の選択」が結果につながっている意識が低いと、「やるべきこと」の重要度が低くなってしまうものでして。


たとえば、「本当は今やったほうがいいけど、まぁいっか!」みたいにサボってしまうイメージです。


なので当然のことですが、「今何を選択するかが結果を作る」っていうことを、常に頭に置いておく必要があるんですよね。

小川フクロウ
今この瞬間は、過去に何を積み重ねた結果か」って思い返すと、やるべきことに立向かえるのでオススメです!

その3:成功者もみんなただの人間である

目標を達成するためには、「成功者もただの人間であること」を理解しておくべきでしょう。


超上手くいっている人とかって、自分とはまったく違う「次元が違う神的存在」に見えるものでして。


成功者をかけ離れた存在に見はじめると、目標達成に対するハードルが上がってしまい、難しく考えてしまうんですよね。


基本的に、人によってスペックに大きな差がわるわけじゃないので、センスや才能なんて気にしなくてOKです。


どんな人でも「できること」を積み重ねた結果、夢・目標に至っただけなので、自分にも可能であることを忘れないようにしましょう。

その4:夢はただの行動目標にすぎない

夢って言葉は、「漠然としているけど叶えたい」っていうニュアンスが強い感じでして。


そのままにしておくよりも、「目標」として落とし込むことで、現実的に叶えられる状態になるんですよね。


なお夢を目標に落とし込むためには、実現のために必要な行動を分解するとよいですね。

世界一周旅行が目標だった場合

  • 資金300万円→月20万円ずつ貯める→副業で20万円稼ぐ→Webライター・動画編集で稼ぐ
  • 最低限の英語力を身につける→オンライン教材に申し込む→毎日2時間ほど取り組む
  • 旅中に稼ぐ手段を身につける→PCだけで稼げる副業を始める

漠然としてると永遠に実現できないので、行動レベルに分解して、何をすればいいかを明確にしましょう!

その5:行動の成否は後にならないとわからない

何かに挑戦している時の行動の成否は、結果が出るまでわからないのが普通なんですよね。


なので行動の精度を高めようすると、いつまでたっても前に進めず、何もできずに時間ばかりすぎてしまうっていう。


個人的には、失敗する可能性も受け入れて「3割くらいの確信があれば行動する!」って決めておくのがオススメです。


悩むことに時間をかけるよりも、行動にリソースを割いたほうが効率的なので、勘違いでもガンガン行動していきましょう。

目標を叶える・達成するための5ステップ

目標を叶えるための5ステップ

以下では、目標を叶える・達成するための5ステップを紹介していきます。


0から目標達成にいたるまで手順をまとめたので、夢を実現したい方は、ぜひ参考にしてみてください!

目標を叶えるための5ステップ

  1. 目標を実現したい「理由」を明確にする
  2. 目標の実現に必要な「行動」を具体的にする
  3. 大まかな期限を設定する
  4. ひたすらに必要なことを実行する
  5. PDCAのバランスが崩れていないかチェックする

ステップ1:目標を実現したい「理由」を明確にする

まずは、目標を実現したい「理由」を明確にしていきましょう。


なぜなら人は、理由が伴わないことに対して、モチベーションを感じられないから。

夢を叶えたい理由の一例

  • 世界一周にいきたい→世界中の景色を見て感動したいから
  • 月100万円稼ぎたい→家族を守るため・好きなことをやるために必要だから
  • マイホーム欲しい→希望通りのレイアウトの家に住みたいから

特に理由のない夢は、「そこまでして叶えたくないかな」となりやすいので、要注意かもですね。


きちんと掘り下げておけば、ここぞという時に踏ん張れるので、洗い出す時間を作ってみてください。

ステップ2:目標の実現に必要な「行動」を具体的にする

ステップ2では、目標の実現に必要な「行動」を具体的にしましょう。


具体的な行動に分解しておかないと、何をすればいいかがわからず、いつまでたっても前に進めないからです。

副業で月100万円稼ぎたい人の例

  1. 稼げる仕事をピックアップする
  2. 副業でやってみて適正を確認する
  3. 転職してスキルを学ぶ
  4. 副業で仕事を受けまくる

僕も経験がありますが、毎回何をすればいいのか考えるはめになり、同じ場所をループすることになりますね。


明確ではないステップがあれば、詳しい人に聞くなり調べるなりして、やるべきことを明確にしましょう!

ステップ3:大まかな期限を設定する

目標を叶えるためには、大まかな期限を設定するのも大切なことですね。


理由は簡単で、期限を設定しなければ、適切な行動量を算出できないから。


たとえば以下のように期限を作り、日々の行動量を決めるイメージですね。

  1. 最終目標の達成年月を決める。(3年後と設定)
  2. 1年後〜2年後の時点での中間目標を決める。
  3. 中間目標までのステップを具体的にする。
  4. 各ステップを達成できる行動量を導き出す。

期限はだいたいズレるので、あまり時間をかけすぎずに決めるようにしましょう!

ステップ4:ひたすらに必要なことを実行する

ある程度のペース配分が決まったら、やるべきことをひたすら実行していきましょう。


前述していますが、効率性を気にしすぎず、とりあえず実行するって意識で動くとよいかと。


その分野の経験値が貯まれば、効率性も徐々に高まっていくものなので、まずはできることから進めていきましょう!

ステップ5:PDCAのバランスが崩れていないかチェックする

PDCAとは、P(Plan=計画)D(Do=実行)C(Check=評価)A(Acttion=改善)のサイクルを意味します。


PDCAバランスのチェックが必要になるのは、上手く行かない状況が続くと、D(Do=実行)の時間が短くなりやすいから。

ありがちな失敗パターン

  1. PPPPPPPPPPPPPP
  2. D
  3. CCC
  4. AAAAAA

D(Do=行動)が一番きついので、だいたい計画・評価・改善にばかり時間を使っちゃうんですよね。


行動しているのに結果がでない状況になるので、定期的に調整ながら活動するとよいですね!

目標を叶える・達成するためのコツ4つ

目標を叶えるためのコツ

以下では、目標を叶える・達成するためのコツを4つ紹介していきます。


行動力を上げる工夫や安定して取り組める習慣を紹介するので、それぞれ参考にしてみてくださいね。

目標を叶えるためのコツ4つ

  1. 一度しか通りない今を楽しむ
  2. 先に断つことを決める
  3. 哲学本を読んでメンタルを整える
  4. 目標を思い出せる画像を用意する

コツ1:一度しか通らない今を楽しむ

つらい状況であっても、今を楽しむ意識を持つのもオススメですね。


というのも夢・目標が大きければ大きいほど、きつい状況が続くことになります。


なのできつい状況を前向きに捉える考え方を持った方が、安定して継続できるため、夢の実現性が高められるんですよね。


実際のところ「挑戦の楽しさ」は、目標を達成したあとには経験できなくなってしまいます。


後から思い返せば「楽しい思い出」になるはずなので、今を大切にしながら取り組みましょう。

コツ2:先に断つことを決める

目標を叶えるためには、先に断つことを決めるのもオススメです。


なぜなら「断つ」という行動で「決断」が成立することにより、「やり抜く覚悟」が定まるから。


人の意志力なんて、ぶっちゃけ大したものでもないので、他の道を断たないと全然捗らないものなんですよね。

小川フクロウ
決めるまでは誰でもできるので、他の道を断てる人こそ「結果を出せる人」かなと思ってます。


あれこれ抱えていたら前に進めないので、絶対に叶えたい目標がある方は、ぜひ実践してみてください!

コツ3:哲学本を読んでメンタルを整える

人は上手くいかない状況が続くと、メンタルがよどみ始めるものでして。


定期的にメンタルを整えないと、ネガティブな思考を持ち、前向きに行動できなくなるんです。

メンタルを整えるのにオススメの本

  • 夢を叶える象
  • 嫌われる勇気
  • 道を開く

僕の場合は、ネガティブな言葉が自然と出てきたら、本を読んで考え方をリセットしてますね!


映画とかでも全然いいので、自分なりにメンタルを整えられる方法を見つけてみてください!

コツ4:目標を思い出せる画像を用意する

目標を思い出せる画像を用意しておけば、モチベーション管理がうまくなり、自己管理能力が高まりますよ。


たとえば「今日めんどくさいな」って時でも、画像をみて「やっぱりやろう!」って思い直せるイメージですね。


僕も何度も実感していますが、「プラスの選択の回数」が結果を決めるため、自己管理能力がもっとも重要です。


怠けたい時に律せるかどうかなので、スマホに画像をダウンロードしておくのがオススメです!

目標を叶えるための注意点:ノウハウコレクターにならないこと

目標を叶えるための注意点:ノウハウコレクターにならないこと

ノウハウコレクターとは、知識やスキルばかり集めて満足する人のことです。


人は上手くいかない状況が続くと、知識・スキル集めに奔走して、「行動している実感」を得ようとします。


結果として「向き合うべき課題」から目をそらし、いつまでたっても目標達成できない状況になるってわけですね。


時間がたてばたつほど、「向き合うべき課題」に立ち向かえなくなるので、早めに対処したほうがよいかと。


僕の経験上、だいたい「行動」のプロセスが減っているはずなので、バランスを調整しましょう!

ひたすら行動して夢・目標を叶えよう!

ひたすら行動して夢・目標を達成しよう!

ご紹介した「目標を叶えるための5ステップ」を実践すれば、叶えたい夢・目標の実現性を高められますよ!

最後に、ご紹介した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

目標を叶えるための5ステップ

  1. 目標を実現したい「理由」を明確にする
  2. 目標の実現に必要な「行動」を具体的にする
  3. 大まかな期限を設定する
  4. ひたすらに必要なことを実行する
  5. PDCAのバランスが崩れていないかチェックする

なお以下記事で「夢を叶えるための習慣」について説明しているので、「より詳しい知識を知りたい!」という方は、ぜひ確認してみてくださいね。

夢を現実にできる!夢を叶えるための考え方3つとアクション8つ
夢を現実にできる!夢を叶える方法8つと叶えるための考え方3つ

夢を叶える方法を知りたい! 夢って本当に叶うものなの? 夢目標が実現できなくて悩んでいる! 以上の悩みを解決できる記事を ...

続きを見る

-ライフスタイル

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.