フリーランス求人サイトのオススメ7社

フリーランス

好条件の仕事が見つかる!フリーランス求人サイトのオススメ7社

小川フクロウ
Webマーケティング企業出身、フリーランスWebライター&ディレクターの小川フクロウです。

未経験〜半年以内に月収40万円達成、メディア運営に携わって生活しています。

  • フリーランス案件を受注したい!
  • 業種ごとに良い求人サイトを知りたい!
  • 働き方に合ったフリーランスサイトが知りたい!

以上の悩みを解決できる記事を用意しました!


ご紹介する「フリーランス向け求人サイト7社」を読めば、あなたに合った最適な案件を探せて収入アップできますよ!


フリーランスとして活動している僕が、実際に利用したサイトなど、特にオススメのサイトだけをご紹介していきます。


前半で「フリーランス向け求人サイト7社」、後半で「仕事を獲得するためのコツ」を説明します。


「すぐにフリーランス向けサイトを知りたい!」という方は、「フリーランス向け求人サイト7社」へ進んでください!

フリーランス求人サイトの選び方3つ

フリーランス求人サイトの選び方

まずは以下で、フリーランス求人サイトの選び方を3つ紹介していきます!

フリーランス求人サイトの選び方

  1. 高単価案件が多いサイトを選ぶ
  2. 業種にあったサイトを選ぶ
  3. 働き方にあったサイトを選ぶ

選び方1:高単価案件が多いサイトを選ぶ

ひとつめの選び方は、高単価案件が多いサイトを選ぶことですね。


っていうのもフリーランスの単価は、案件によって結構違う感じでして。


なので稼ぐためには、「高単価の仕事を受けられるかどうか」が全てといっても過言じゃない感じなんです。

当然ですが、高単価案件の多いサイトの方が、よりよい条件の仕事を受けられる可能性が高まりますよね。


妥協してしまうと稼げずに消耗する可能性が高いので、稼ぎたい方は「高単価案件の多いサ
イト」に登録しましょう!

選び方2:業種にあったサイトを選ぶ

フリーランスサイトで仕事を受注するためには、業種にあったサイトを選ぶようにしましょう。


なぜならサイトによって、力を入れている求人ジャンルが異なるからですね。

ジャンルごとにオススメのサイト

サイトが力を入れているジャンルは、エージェントの理解度も高いので、仕事を探しやすい傾向があります。


方向性が違うサイトを選ぶと、案件の母数も少なくなるので、業種にマッチするサイトに登録しましょう!

選び方3:働き方にあったサイトを選ぶ

より好条件の仕事を探すためには、働き方に合ったサイトを選ぶのもオススメです!


なぜならサイトによって、在宅・リモート案件が少ないなど、勤務条件の傾向が違うからです。

とくにリモートワークは、絶対数がそこまで多くないので、希望するなら複数サイトに登録して探すとよいですね。


「仕事に何を求めているか」をベースにして、自分に合ったサイトを選択するようにしましょう!

フリーランス向け求人サイトのオススメ7社

フリーランス向け求人サイトのオススメ7社

以下では、フリーランス向け求人サイトのオススメ7社を紹介していきますね!


それぞれどんな人に向いているかも説明しているので、ひとつずつ確認してみてください!

フリーランス求人サイトのオススメ

  1. 高単価案件を受けたい人:レバテックフリーランス
  2. 保証が手厚いサイトを使いたい人:ミッドワークス
  3. エンジニア向け大手サイトを使いたい人:ギークスジョブ
  4. 週2〜3回くらいで働ける案件を探している人:ITプロパートナーズ
  5. 週3〜4回くらいの案件を探している人:クラウドテック
  6. 認定制度で効率的に稼ぎたい人:ランサーズ
  7. 穴場のサイトを使いたい人:ウォンテッドリー

1.高単価案件を受けたい人:レバテックフリーランス

こんな人にオススメ

  • 高単価案件を受注したい人
  • 案件数が多いサイトを使いたい人
  • 知識豊富なコーディネターに相談したい人

高単価案件を受注したい人には、レバテックフリーランスがオススメですね!


レバテックフリーランスでは、利用者の平均年収が862万円(月72万円)であり、高単価案件が多数掲載されています。


また月間新規案件数も400件以上あり、業界最多レベルの案件数となっています。


「高単価案件でがっつり稼ぎたい!」って方は、レバテックフリーランスを活用してみてください!

レバテックフリーランスを無料で見る

2.保証が手厚いサイトを使いたい人:ミッドワークス

ミッドワークスがオススメの人

  • 保証が手厚いサービスを使いたい人
  • 低マージンのサイトを使いたい人
  • ハイレベルなコンサルタントに相談したい人

保証が手厚いサイトを使いたい人には、ミッドワークスがオススメです!


ミッドワークスには、以下のような正社員並みの保証制度がありますよ。

  • 給与保証制度:案件と案件の間のブランクがあっても、給与保証してくれる
  • Freee無料利用、弁護士の無料紹介
  • 保険補助
  • 経費補助:交通費や書籍代を支援してくれる

またマージン率は、業界トップクラスの低さであり、実質10%〜15%となっています。


「フリーランスでも手厚い保証がほしい!」という方は、ぜひミッドワークスを利用してみてください!

ミッドワークスを無料で見る

3.エンジニア向け大手サイトを使いたい人:ギークスジョブ

GEEK JOBがオススメの人

  • エンジニアに一押しのサイトを使いたい人
  • エージェントの手厚いフォローを求める人
  • 詳細な条件で検索したい人

エンジニア向けの大手サイトを使いたい人には、ギークスジョブがオススメですね!


ギークスジョブではAWS・go・Scalaなどの注目度が高い案件や、JavaやCOBOLといった手堅い案件など、さまざまな仕事を募集しています。


またエージェントが3人体制で付いてくれるため、手厚いフォローにも定評がありますね!


「エンジニア向けに良いサイトを探している!」という方は、ぜひギークスジョブを利用してみてください!

ギークスジョブを無料で見る

4.週2〜3回くらいで働ける案件を探している人:ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズがオススメの人

  • 週2〜3回で働ける案件を探している人
  • 高単価案件を探している人
  • IT業界全般の仕事を探している人

週2〜3回で働ける案件を探している人には、ITプロパートナーズがオススメです!


ITプロパートナーは、他案件と並行して取り組める案件が、多数掲載されていますよ。


また直接クライアントと契約していることから、中間マージンがなく、高単価案件が多い傾向です。


「追加で取り組める案件を探している!」って人は、ぜひITプロパートナーズを活用してみてくさい。

ITプロパートナーズを無料で見る

5.週3〜4回くらいの案件を探している人:クラウドテック

ポイント

  • 週3〜4回くらいの案件を探している人
  • 支払いスケジュールが短い方がいい人
  • 評価制度を活用して収入を得たい人

週3〜4回数くらいの案件を探している人には、クラウドテックがぴったりですね。


クラウドテックには、フルタイム以外の案件・リモート案件が多数掲載されています。


また支払いスケジュールは、業界最短クラスで「当月末締め→翌月15日払い」となっています。


「自分のペースに合った仕事を探している」という方は、ぜひクラウドテックを活用してみてください!

クラウドテックを無料で見る

6.認定制度で効率的に稼ぎたい人:ランサーズ

ランサーズがオススメの人

  • 認定制度で効率的に稼ぎたい人
  • さまざまな案件から吟味したい人
  • 大手企業からの案件も受けたい人

「認定制度を活用して収入アップしたい!」って人には、ランサーズがオススメですね


ランサーズでは、「認定ランサー」という認定制度があり、評価に応じて高単価案件を獲得しやすくなりますよ。


また掲載案件数も非常に多く、さまざまなジャンルから仕事を吟味できます。


「着実に報酬単価を上げていきたい!」って方は、ぜひランサーズを利用してみてくださいね。

ランサーズを無料で見る

7.穴場のサイトを使いたい人:ウォンテッドリー

ウォンテッドリーがオススメの人

  • 穴場のサイトを使いたい人
  • 企業と直接契約したい人
  • 長期案件を探している人

穴場のサイトを使いたい人には、ウォンテッドリーがオススメです!


ウォンテッドリーはさまざまな案件が掲載されいて、スキルの高いユーザーが少ないため、わりと効率的に仕事を探せます。


また企業との直接契約となるため、マージンを取られたくない方にもぴったりですね。


「できる限り早くいい案件を取りたい!」って方は、ぜひウォンテッドリーを使ってみてください!

ウォンテッドリーを無料で見る

フリーランスが仕事を獲得するためのコツ3つ

フリーランスが仕事を獲得するためのコツ

以下では、フリーランスが仕事を獲得するためのコツを3つ紹介していきます!


僕自身が実践した結果、効果があったやり方だけを紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

仕事を獲得するためのコツ

  1. 仕事の獲得にはブログを活用すべし
  2. 仕事の獲得にはSNSを活用すべし
  3. 複数サイトに登録しておくべし

コツ1:仕事の獲得にはブログを活用すべし

効率的に仕事を獲得するためには、ブログを活用するのがオススメです!


というのもブログは、寝ている間も稼働してくれるため、24時間体制で仕事を募集できるんです。

ブログで仕事を獲得する流れ

  1. 集客率が高いワードプレスブログを作る
  2. ブログ内に受注できる仕事・価格表を記載する
  3. ブログ内にポートフォリオを用意する
  4. 本業に関連する記事をたくさん書く
  5. 記事中で仕事依頼に関する話題に触れる
  6. 検索エンジン経由で記事を読んだ顧客から連絡がくる

上記のように、コンテンツマーケティングを活用して、仕事を受注するイメージですね。


なおフリーランスのブログ運営は、他にもさまざまなメリットがあるので、以下記事で詳しくチェックしてみてください!

フリーランスがブログをやるメリット6つと作り方
仕事が舞い込む!フリーランスがブログをやるメリット6つと作り方

フリーランスにブログは必要? フリーランスのブログ運営のメリットは? フリーランス向けのブログの作り方は? 以上の悩みを ...

続きを見る

コツ2:仕事の獲得にはSNSを活用すべし

仕事の受注を増やすなら、TwitterなどのSNSを活用するのがオススメです。


っていうのもSNS上には、スキルの高いフリーランスを探すクライアントが非常にたくさんいまして。


なのでSNSで本業に関する発信をすれば、結構仕事につながることが多いものなんですよね。


実際に僕も経験がありまして、SNSを経由して、ブログに仕事依頼が届くことがありますよ。


正直活用しないとかなりもったいないので、仕事を探すなら絶対やっておくべきだと思います。

小川フクロウ
僕はもう新規依頼をストップしているので、すでに活用しなくなりましたけども!

コツ3:複数のサイトに登録しておくべし

効率的に仕事を探すなら、複数サイトに登録しておくのもオススメです!


複数サイトに登録すれば、その分案件の母数が増えて、仕事を吟味できますよ!


目安としては、仕事のジャンルに関連するサイトは、全て登録するくらいでいいかと思います。


小川フクロウ
僕自身もいろんなサイトに登録してますが、思いがけない好オファーがくることもありましたよ。


サイトによって条件が全然違うこともあるので、1日使って良さげなサイトを全部抑えておくとよいかと!

フリーランスが安定して稼ぐための注意点:収入源は分散しておくべし

フリーランスが安定して稼ぐための注意点:収入源は分散しておくべし

フリーランスとして安定的に稼ぐためには、収入源を分散しておく方がよいですね。


なぜならクライアントの都合で仕事なくなるのは、けっこうざらにあることだから。


実際に僕自身も、「クライアントの予算の都合」や「プロジェクトの運営状況の悪化」で、「明日から仕事ないです。」っていう状況になったことがあります。


なお個人的には、以下のように分散するといいかなと感じてます。

  • シンプルに受注先を分散する
  • 他業種の仕事もする→ブログがオススメ!

特にブログなどの他業種の仕事を伸ばせば、収入の安定化に非常に役立ちますよ!

フリーランスがブログをやるメリット6つと作り方
仕事が舞い込む!フリーランスがブログをやるメリット6つと作り方

フリーランスにブログは必要? フリーランスのブログ運営のメリットは? フリーランス向けのブログの作り方は? 以上の悩みを ...

続きを見る

フリーランス求人サイトを活用して仕事を獲得しよう!

フリーランス求人サイトを活用して仕事を獲得しよう!

ご紹介した「フリーランス向け求人サイト7社」へ登録すれば、あなたに合った最適な案件を探せて、収入アップできますよ!


最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきましょう。

フリーランス求人サイトのオススメ

  1. 高単価案件を受けたい人:レバテックフリーランス
  2. 保証が手厚いサイトを使いたい人:ミッドワークス
  3. エンジニア向け大手サイトを使いたい人:ギークスジョブ
  4. 週2〜3回くらいで働ける案件を探している人:ITプロパートナーズ
  5. 週3〜4回くらいの案件を探している人:クラウドテック
  6. 認定制度で効率的に稼ぎたい人:ランサーズ
  7. 穴場のサイトを使いたい人:ウォンテッドリー

なるべく多くのサイトを使った方が、良条件の案件を探しやすいので、ぜひ登録してみてくださいね!

-フリーランス

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.