夢を叶える人の特徴10個と叶えられない人の特徴

ライフスタイル

今から変われる!夢を叶える人の特徴10個と叶えられない人の特徴3つ

小川フクロウ
フリーランスWebライターの小川フクロウです。

学生時代はプロミュージシャンになる夢を目指し、大人になってからはライターになる夢を実現しました

  • 夢を叶えられる人ってどんな人?
  • 夢を叶えられる人になりたい!
  • 夢を叶えるための習慣を知りたい!

以上の悩みを解決できる記事を用意しました。


ご紹介する「夢を叶える人の特徴10個」を読めば、どんな人を目指せば夢を叶えられるのかがわかりますよ!


ライターとしてさまざまな人に関わる中で、「夢を叶えている人・実績を出している人」の特徴をまとめました。


前半で「夢を叶える人の特徴」、後半で「夢を叶えられる人になる習慣」を紹介するので、ぜひ読んでみてください!

夢を叶える人の特徴10個

夢を叶える人の特徴10個

僕がライターとして関わってきた「成功しているインフルエンサー」などの特徴をまとめてみました!


実際に「自分も真似すべきだな!」と思った特徴を紹介するので、ぜひ読んでみてくださいね。

夢を叶える人の特徴10個

  1. 行動力・推進力・完遂力が高い
  2. 自分と他人を区別できている
  3. ポジティブな言葉を使う
  4. 自分をコントロールできる
  5. 失敗経験・悩んだ経験が多い
  6. 時にはリスクを取れる
  7. 考え方・解釈の幅が広い
  8. 物事を断つことができる
  9. 長期スパンで考えている
  10. ギャンブル・博打に逃げない

特徴1:行動力・推進力・完遂力が高い

当然のような感じもしますが、夢を叶えられる人って、だいたい以下3点の力を持っている印象ですね。

  • 行動力:失敗を恐れずにチャレンジする力
  • 推進力:自分のメンタル・感情に左右されず実行する力
  • 完遂力:こだわりすぎずまず完成まで進ませる力

チャレンジするまではいいんですが、「結局目標達成までたどり着けなかった」って人は多いんじゃないでしょうか。


夢が大きいほど目標達成までの道のりが困難なので、推進力などは特に重要になるかなと思います。

特徴2:自分と他人を区別できている

自分と他人を区別できるているのも、だいたい成功している人に当てまはりますよね。


っていうのも新しいこと・大きなことにチャレンジすると、だいたい反対する人が出てくるものでして。


そういう人の意見に左右されていると、自分の行動に自信がなくなり、行動できなくなるんですよね。


なので目標達成するためには、自分の行動に自分で責任を持ち、ブレない心を持つ必要があります。

小川フクロウ
「自分より上手くいっている人」とかも、意識するとペース乱れまくるので、無視する方向がオススメですよ。

特徴3:ポジティブな言葉を使う

夢を叶えている人の特徴3つ目は、ポジティブな言葉を使っていることですね。


人間の思考は、「言葉から連想される記憶」に影響を受けることがわかっています。


なのでポジティブな言葉を使えば、ポジティブな思考を生み、良い結果につながるってわけなんです。

  • ネガティブな言葉を使う→ネガティブな思考を生む→ネガティブな結果につながる
  • ポジティブな言葉を使う→ポジティブな思考を生む→ポジティブな結果が生まれる

特に使う言葉って周囲の人にも影響されやすいので、場合によっては、付き合う人を変えることも必要ですね。


普段からネガティブな言葉を使っている人は、自分の言動に注意して、徐々に修正していくのがオススメ。

特徴4:自分をコントロールできる

夢・目標を実現する上では、自分をコントロールする力が最も重要ですね。


なぜなら自分をコントロールできれば、どんな状況であっても、結果につながる最良の選択ができるから。


たとえば「今日はやりたくない」って時でも、それでも実行する力があれば、間違いなく結果につながりますよね。


結局のところ、結果がでるかどうかは、「プラスになる選択」を何回できたかで決まるものです。


一朝一夕で身につく力でもないので、日々の中で自分をコントロールする感覚を養うとよいかと!

小川フクロウ
セルフコントロールは、客観的な視点を持って、自分の舵取りをするイメージを持つのがオススメですよ!

特徴5:失敗経験・悩んだ経験が多い

失敗経験・悩んだ経験が多い人は、だいたい何やっても強い印象がありますね。


っていうのも取り組むジャンルが違くても、夢・目標を追うプロセスってだいたい一緒でして。


一度うまくいかない経験をしている人は、その悩みの解決方法を知っているので、「強くてニューゲーム状態」なんですよね。


なのであまり失敗経験がない人は、まず真剣に目の前のことに取り組んでみて、ガンガン失敗するのがオススメです。


もし今やりたいことで上手くいかなくても、次に挑戦することは、確実に達成しやすくなっているはずですよ。

特徴6:時にはリスクを取れる

個人的には、場合によってリスクを取れる覚悟も重要なのかなと思います。


理由は簡単で、リスクを取れなければ、リターンを得ることもできないからです。


基本的に、ものごとはハイリスクハイリターンである場合が大半です。


なので状況を見極めて、極力無駄なリスクを避けつつも、時には覚悟を決めるときも必要なになりますね。

小川フクロウ
僕は「大きな金銭的リスク」と「大きく時間をロスするリスク」だけ避けて、あとはなんでもやってみることにしてます!

特徴7:考え方・解釈の幅が広い

夢を実現する上では、考え方・解釈の幅の広さもかなり重要となるでしょう。


なぜなら何かに挑戦している時には、しんどい状況がずっと続くのが普通だから。


なのでネガティブな状況を、ポジティブに考えられる解釈力が重要になるんですよね。

ポジティブに捉える解釈力の例

  • 失敗した→失敗っていうデータを得たので、次は成功に1歩近くはず!
  • 全然上手くいかない→夜明け前が一番暗いから、きっとそろそろ成功が近いはず!
  • 何が正解かわからない→打った点は後で線になるから、今は行動してみる!

上記のようなイメージで、事象はひとつでも、解釈って無限通りあるんですよね。


起こった出来事を冷静に考え直して、最良の解釈に変えれば、どんな状況でも行動し続けられるはずです!

特徴8:物事を断つことができる

物事を断つことができる人は、かなり強いなって印象があります。


なぜなら物事を「断つこと」ができて、初めて「決断」できたことになるから。


僕の経験上、他の道を残した状態って「決断」に至ってないんで、徹底した行動ができないんですよね。


他の道を断ってしまえば、成功する以外に何もなくなるので、その覚悟って必須事項かなと思います!

特徴9:長期スパンで考えている

だいたい上手くいく人は、長期スパンでものごとを考えている場合が多いかと。


っていうのも短期的に考えてしまうと、だいたい以下のようなパターンにおちいりまして。

  • 一喜一憂してアップダウンが激しくなる
  • 計画性が低く行き当たりばったりになる
  • 上手くいかないことがあるとすぐ挫折する

長期的に考えておけば、目の前の小さな失敗に左右されず、安定的に行動し続けられるんですよね。


「すぐに達成したいんだ!」って気持ちもわかりますが、計画的に捉えるのが実現への最短距離になります!

特徴10:ギャンブル・博打的な思考に逃げない

ギャンブル・博打的な思考に逃げないことは、特に重要な要素と言えるかと。


ギャンブル的な考え方は、思考を停止して賽を投げる「逃げの考え方」そのものだからですね。


だいたいこういう思考をしてしまうと、一発逆転を狙い始めて、「楽して夢を叶える!」といった非生産的方向に進むんですよね。


常に論理的に考え、一歩一歩進み続ければ、着実に結果に近づくことができます。


ショートカットとかって基本存在しないので、ひとつずつ積み上げて、目標を実現しましょう!

夢を叶えられない人の特徴3つ

夢を叶えられない人の特徴3つ

以下では、夢を叶えられない人の特徴を3つ紹介していきます!


「目標達成できなかった頃の自分」の特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

夢を叶えられない人の特徴

  1. 当たり前の基準が低すぎる
  2. 思考が固まりすぎている
  3. 成功者が特別な人だと思っている

特徴1:当たり前の基準が低すぎる

僕の経験上、何かに真剣に取り組んだ経験がない人って、そもそも「努力の適正値」がずれてる感じなんですよね。


その結果として、成果を出す人との差が広がってしまうっていう。

  • 当たり前の基準が低い人:週1~2時間くらい取り組むのが普通
  • 何をやっても結果を出せる人:毎日4~5時間くらい取り組むのが普通

基本的に人間のスペックって大差ないので、結局は「どれだけ取り組んだか」が結果を決めるんだと思います。


どんな業界でも同じなので、「イチローならどれくらいやるか」って考えると、何やっても成功するんじゃないでしょうか!

特徴2:思考が固まりすぎている

思考が固まりすぎている人も、だいたい何やっても成果を出しにくいのかなと感じますね。


というのも思考が固まりすぎていると、アドバイスや新しい考え方を受け入れられない状態になります。


その結果、「本当に向き合うべきこと」から目を背けて、同じところをずっとグルグルしてしまう印象ですね。


成長するためには、客観的な視点を持って、現在の自分を否定する必要もでてきます。


今を完成形だと思うと前に進めなくなるので、柔軟な考え方を失わないようにしましょう。

特徴3:成功者が特別な人だと思っている

まさに自分がそうでしたが、「成功者」=「特別な人」って思っていると、結果が出にくいかと。


なぜなら「特別な人が成功するものだ」と考えると、「普通である自分」が成功するなんて不可能だと思い込んでしまうから。


結果として、「成功することに憧れている人」ってゾーンから抜け出せない感じになるんですよね。


前述していますが、基本的に特別な人なんて存在せず、成果の差はちょっとした行動の積み重ねの違いです。


自分にとって頑張ったらできる1歩を積み重ねて、目標を達成できる人になりましょう。

夢を叶えられる人になるためのオススメ習慣3つ

夢を叶えられる人になるためのオススメの習慣

最後に、夢を叶える人になるためのオススメ習慣を3つ紹介していきます!


ライターとして実績が出せなかった頃、特に意識していたことを紹介するので、ぜひ読んでみてください!

変わるためのオススメ習慣3つ

  1. 定期的に本を読む
  2. 定期的に夢を妄想する
  3. 定期的に成功体験を見返す

習慣1:定期的に本を読む

夢を叶えるためには、定期的に本を読むことをオススメします!


なぜなら本を読めば、さまざまな考え方を学べて、物事・状況に対する解釈の幅が広がるから。

挑戦している時って9割型しんどいので、ネガティブな状況を「ポジティブに捉える考え方」が重要かなと思います。


自己管理能力とかも高まるはずなので、本を読まない人は少しずつでも読めるようになるといいですね!

習慣2:定期的に夢を妄想する

オススメの習慣2つ目は、定期的に夢を妄想することですね。


というのも人は、目の前にあることの優先度の方が高いので、長期的な目標を後回しにしがちでして。


常に「どうしても実現したい!」っていう気持ちを保たないと、わりとどうでもよくなってくるんですよね。

オススメの妄想方法

  • 夢を実現している状況を5感レベルで想像する
  • 夢を実現した時どんな気持ちか想像する

行動力が減ってきた時には、「やる理由」がぼやけているはずなので、一度イメージし直すと良いかなと思いますね!

習慣3:定期的に成功体験を見返す

目標を実現するためには、成功体験を見返すことも重要かなと思います。


っていうのもうまくいかない状況が続くと、誰でも自信を失っていくものでして。


定期的に成功体験を思い返せば、「自分も捨てたもんじゃないな」と自信のキープにつながるんですよね。


自信がなくなってくると、実行しているアクションに対して疑問が生まれ、行動が止まりやすいものです。


やるべきことをやり続けるために、定期的にメンタルを調整していきましょう。

夢を叶える人の特徴を真似して自己実現しよう!

夢を叶えられる人の特徴を真似して自己実現しよう!

ご紹介した「夢を叶える人の特徴10個」と「夢を叶える人になるための習慣」を参考にして、夢の実現を目指してみてください!


最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきましょう。

夢を叶える人の特徴

  1. 行動力・推進力・完遂力が高い
  2. 自分と他人を区別できている
  3. ポジティブな言葉を使う
  4. 自分をコントロールできる
  5. 失敗経験・悩んだ経験が多い
  6. 時にはリスクを取れる
  7. 考え方・解釈の幅が広い
  8. 物事を断つことができる
  9. 長期スパンで考えている
  10. ギャンブル・博打に逃げない

夢を叶えられる人になる習慣

  1. 定期的に本を読む
  2. 定期的に夢を妄想する
  3. 定期的に成功体験を見返す

なお以下記事で、自分自身が実践してきた「夢を叶える方法」を解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

夢を現実にできる!夢を叶えるための考え方3つとアクション8つ
夢を現実にできる!夢を叶える方法8つと叶えるための考え方3つ

夢を叶える方法を知りたい! 夢って本当に叶うものなの? 夢目標が実現できなくて悩んでいる! 以上の悩みを解決できる記事を ...

続きを見る

-ライフスタイル

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.