WEBライター

ライターで月40万円以上稼ぐ僕のおすすめクラウドソーシング4選!

  • クラウドソーシングサイトってどこがおすすめなの?
  • ライター向けのクラウドソーシングサイトはある?
  • サイトによって単価や受注率は変わる?
  • 条件に合う案件がない!どこかいいサイト知ってる?

この記事を読めば、このような悩みを解決できて、Webライティングで稼げるサイトが見つかります。

なぜなら、この記事でご紹介する内容は、実際にクラウドソーシングで生計を立てている僕自身の体験や感想がベースになっているからです。

小川フクロウ

フリーランスのWebライターの小川フクロウです。

2019年6月、未経験・初心者の状態でWebライターの活動を始めました!

実際にクラウドソーシングなど活用して、現在では、月収40万円以上稼げています!

前半部分では、おすすめクラウドソーシングサイト4選を解説します。

そして、後半部分では、「未経験・初心者」スタートの僕自身が、半年以内に月収40万円稼げるようになった実体験を紹介します。

クラウドソーシングを上手く活用すれば、Webライティングの収入を一気にアップできるので、それぞれの情報を確認してみてください。

クラウドソーシングは稼げるのか?単価の相場の話

実際に利用している意見として、どのクラウドソーシングサイトでも、月5万円〜10万円は普通に稼げます。

なぜなら、文章を書くのが苦手でスタートした僕でも、半年継続したら月収20万円稼げるようになったからです。

小川フクロウ

案件が少なすぎて話にならないとかはNGですが、普通のサイトなら誰でも稼げるようになります!

経験として、文字単価1円以上の案件を中心に受ければ、モチベーションが保てるので効率的に稼げます。

なお、初心者・未経験者の方が月5万円〜10万円稼ぐために重要なポイントを、以下の記事にまとめています。

収益アップしたいと思っている方は、以下の記事も合わせて確認してみてください。

初心者Webライターも稼げる!収入アップのコツ5つを徹底解説!

小川フクロウ 月収40万円以上稼いでいるWebライター、小川フクロウです! 未経験でWebライターになり、今ではフリーラ ...

どのサイトでもポートフォリオや利用実績が重要になる

どのクラウドソーシングサイトでも、収益アップするのに重要になるのは、「サービスの利用実績」や「ポートフォリオ」です。

なぜなら、クラウドソーシングの利用実績は、ライターとしての「信用性」につながり、ポートフォリオが「実力の提示」になるからです。

実際、ブログを見てもらって提案が通ったことがあります。

また、案件を何回か達成してから、急にスカウトも増えるようになりました。

クラウドソーシングサイトの比較も大切ですが、1番大切になる利用実績やポートフォリオがおざなりにならいように気をつけましょう!

クラウドソーシングサイトは絞った方が稼ぎやすい

クラウドソーシングのイメージ画像

クラウドソーシングで仕事をする場合、利用するサイトを増やしすぎてしまうと、稼ぎにくくなる傾向があります。

なぜなら、複数のサイトで活動すると実績の評価が分散してしまうので、ステータスを育てにくくなるからです。

クラウドソーシングでは、これまでの受注実績をクライアント側から見られるようになっています。

そのため、1つのサイトで集中的に実績を作った方が、そのクラウドソーシング内でのライターとしての評価を高めやすいのです。

とはいえ、実際には、1つのサイトだけだと希望条件にマッチした案件がないこともあります。


利用するサイトを2~3個程度に絞るのが、活動しやすい目安と言えるでしょう。

稼げるクラウドソーシングサイトの選び方Webライター向け】

クラウドソーシングのイメージ画像

実際にクラウドソーシングを利用してきた体験から、本当に稼げるかをチェックするための『クラウドソーシングサイトの選び方』をまとめました。

稼げるクラウドソーシングサイトの選び方

  • ライティング案件が多いサイトを選ぶ!
  • ランクアップ制度の有無で選ぶ!

利用するサイトを頻繁に変えてしまうと、その都度、積み上げてきた実績が0になってしまうのでもったいないです。

収益をアップするために、稼げるかどうかを見極められる選び方をチェックしてみてください。

ライティング案件が多いサイトを選ぶ!希望条件にマッチしやすい

稼げるクラウドソーシングサービスの選び方には、ライティング案件の量が多いサイトを選ぶやり方が挙げられます。

なぜなら、ライティング案件が豊富なサイトでは、さまざまな条件の仕事が掲載されているので、希望条件の依頼を獲得しやすいからです。

なお、以下のような「大手クラウドソーシングサイト」は、掲載されているライティング案件数が多いです。

案件数が少ないサイトでは、仕事を受けようと思っても受けられないので、ジャンルや希望単価が選びにくいです。

小川フクロウ

特に、「まだWebライティング勉強中だよ」って方は、大手サイトの方がジャンンルも多いのでやりやすいですね

受注できる本数も多くなるはずなので、しっかり収益を上げたい場合には、案件数が多いクラウドソーシングサービスの利用をおすすめします!

ランクアップ制度の有無で選ぶ!認定制度があるサイトなら努力が評価されやすい

稼げるクラウドソーシングサービスの選び方には、ランクアップ制度の有無で選ぶやり方が挙げられます。

ランクアップすれば、好条件の案件を受けられるようになるので、収入がアップしやすくなります。

なお、ランクアップ制度があるクラウドソーシングは、以下の通りです。

サイト ランクアップ制度
サグーワークス ゴールド、プラチナ
ランサーズ 認定ランサー
クラウドワークス プロクラウドワーカー

たとえば、サグーワークスでは、テストを受けて最上級ランクの「プラチナランク」に昇格すれば、プラチナ限定の「高単価案件」を受注できるようになります。

プラチナランクのテストは、登録すればすぐに受けられるので、実力さえあれば短期間で合格できるでしょう。

また、ランサーズでは、「返信速度」「納品実績」「報酬額」「高評価」など、特定の条件を満たせば「認定ランサー」に昇格できます。

「認定ランサー」に昇格できれば、サイト内に掲載されたり、おすすめ案件を提案されたりするので、条件の良い仕事を獲得しやすくなります。

努力した成果が収入に反映されるので、ランクアップ制度のあるクラウドソーシングでは、着実な収入アップが期待できると言えるでしょう。

クラウドソーシングサイトのおすすめ4選【案件豊富・サポート充実】

クラウドソーシングのイメージ画像

おすすめのクラウドソーシングサイトは、「案件が豊富でありサポートが充実している」という基準でピックアップしました。

なお、おすすめのクラウドソーシングサイトは、以下の通りです。

収入をアップしたい方や、初めてのクラウドソーシングを検討している方は、それぞれのおすすめサイトを参考にしてみてください!

幅広いジャンルから仕事を探したい人:ランサーズ

株式会社ランサーズが運営するランサーズ。

最大手のクラウドソーシングのため、掲載案件数が多く、募集している職種の幅も広いのが特徴です。

なお、2019年11月7日の時点でのライティングの案件数は、439件です。

【ランサーズの画面】

ランサーズの検索結果画面

ランサーズでは、特定の条件を満たせば、高単価の案件を受けられたり、ホームページに掲載してもらえたりする「認定ランサー」になれます。

小川フクロウ
「認定ランサー」になれば、同じライターでも「お!この人すげーな!」って思うので、個人の価値が高まりますよ!

長期的に取り組んで堅実に稼ぎたいと思っている方にとって、ランサーズはおすすめのクラウドソーシングサイトと言えるでしょう。

ランサーズを無料で見てみる

圧倒的な案件数のサイトを利用したい人:クラウドワークス

クラウドワークスのイメージ画像

株式会社クラウドワークスが運営しているクラウドワークス。

25万以上の会社が登録しているクラウドワークスには、案件数が圧倒的に多いという魅力があります。

なお、クラウドワークスのライティング案件数は、2019年11月7日の時点で2,665件あるので、業界でダントツと言えます。

クラウドワークスの検索結果

また、月度報酬額が200位以内や総合評価4.8以上など、特定の条件をクリアすれば「プロクラウドワーカー」になれます。

プロクラウドワーカーになれば、目安として「月間契約額19%アップ」「契約単価42%アップ」の統計が出ています。※クラウドワークスHPより引用

[chat face="mo1017様_01.jpg" name="小川フクロウ" align="left" border="blue" bg="none"]最初クラウドワークスは、「単価低い案件が多そうだな」ってイメージだったのですが、全然そんなことないです。

文字単価3円以上の仕事とかも流れているので、高単価案件も受けられます。[/chat]

掲載数が豊富なクラウドワークスは、好きなジャンルを探しながら利用したい方にとって、おすすめのクラウドソーシングと言えるでしょう。

クラウドワークスを見てみる

単価が安くても初心者向けの仕事を探すなら:サグーワークス

サーグーワークスのHP画面

株式会社ウィルゲートが運営するサグーワークス。

サグーワークス特徴は、ライティング・アンケート案件が豊富にあるので、初心者でも仕事を受けやすい点です。

なお、サグーワークスの最大の魅力は、プラチナライター制度です。

登録してすぐに、プラチナライターのテストを受けられるので、合格すれば短期間で高単価案件を受けられるようになります。

小川フクロウ
プラチナライターのテストでは、しっかりフィードバックをもらえるので成長にもつながりますよ!

ただし、クラウドワークスやランサーズより案件数が少ないので、ジャンルや条件を選びにくい傾向があります。

好きなジャンルが見つからない場合には、他のクラウドソーシングサイトと併用がおすすめです!

サグーワークスを見てみる

スキマ時間に仕事を探したい人:Shinobiライティング

Shinobiライティングのホームページ画面

CROCO株式会社が運営するShinobiライティング

ライティングに特化したサイトであるShinobiライティングの特徴は、ジャンルが豊富にある点です。

なお、他のクラウドソーシングとは異なり、タスク案件のみとなっているので、手軽に仕事を受けたい方におすすめ。

また、一定数の記事を投稿すれば最大15%ボーナスがつくなど、報酬がアップするキャンペーンも定期的に行っています。

ただし、他案件より単価がかなり安い(0.5円以下が多い)ので、メインのサイトには向いていません。

小川フクロウ
他クラウドソーシングにプラスして使うのがおすすめです!

Shinobiライティング

本格的に収益を上げる方法!フリーランスにおすすめのサイト3選【必見】

ステップアップのイメージ画像

ここからは、僕自身が実際に実践して、一気に収益アップした『マッチングサイト』を解説していきます。

以下のサイトを、クラウドソーシングサイトにプラスして利用することで、より効率的に収益アップできます。

収益アップにおすすめのサイト

  • Workship
  • クラウドテック
  • Wantedly

いずれも、クラウドソーシングのように提案してすぐ仕事を受けられるわけではありませんが、「高単価案件」を探しやすいのでおすすめです。

小川フクロウ
実際、僕が受けている仕事の大半は、こっちのサービスから獲得しています。

本気で収益アップしたい方は、是非それぞれのおすすめサイトを参考にしてみてください!

Workship

WorkShipのホーム画面

おすすめサイトのひとつには、株式会社GIGが運営しているWorkshipが挙げられます。

Workshipでは、経験者向けの案件をメインに掲載しているので、クラウドソーシングより、高単価かつ大量発注の案件を獲得できます。

小川フクロウ
実際に、WorkShipで、記事単価1万円以上のお仕事を受注しています。

初の「記事単価単位」のお仕事だったので、かなり嬉しかったです!

また、「編集者」の募集案件も頻繁に見かけるので、ライターからステップアップしたい方にはぴったりのサイトです。

ただし、Workshipでは、案件が豊富にあるわけではないので、条件にこだわり過ぎてしまうと、仕事を受注しにくくなってしまいます。

高単価な案件を獲得できるWorkshipは、一気に生計を立てられるだけの収益を取りたい方におすすめのサービスと言えるでしょう。

Workshipを見てみる

Crowdtech

クラウドテックのサイト画面

株式会社クラウドワークスが運営するCrowdtech

Crowdtechでは、フリーランス向けにリモートワークや、週3~4日でもOKの案件が掲載されています。

僕が利用した感想としては、副業ではなく本業ライターとして収入を得たい方におすすめです。

掲載されている案件数が少なめですが、10〜20万円の月収になる仕事がほとんどなので、受注できれば収入の軸にできるはずです。

小川フクロウ
僕も応募していたのですが、他の案件で手一杯になってしまい辞退しました。

Webライター向けの案件はかなり少なくて、スキルが必須ですが、登録しておいて損はないと思います!

生活の軸になる収入を得たいフリーランスにとっては、まとまった報酬がもらえるCrowdtechは、おすすめのサービスです。

Crowdtech

Wantedly

wantedlyのホーム画面

ウォンテッドリー株式会社が運営する求人SNSWantedly。

Wantedlyでは、Webマーケティング企業やメディア運営会社の「ライター募集の求人」が掲載されているので、高単価の仕事を受注できます。

[chat face="mo1017様_01.jpg" name="小川フクロウ" align="left" border="blue" bg="none"]業務委託が多いので、副業にも使えますよ![/chat]

実際に、「記事単価2~3万円」や「時給4000円」の条件の案件をWanteldy経由で受注しています。ブログの更新に時間を割きたいので、断った案件も多いですね!

ちなみに、面接で話したメディアの採用担当者さんは、「Wantedlyで案件探すのめっちゃ熱いですよね、自分もやりたい!」と言ってました。

ただし、どの案件も倍率が高いので、ライターとしての活動実績やポートフォリオをがなければ面接まで進めません。

Wantedlyでライティング案件を獲得する方法は、実績があり、ポートフォリオを提示できる方に一押しのやり方です!

Wantedly

独立して2ヶ月目には20万円以上稼げるようになった僕のステップ【実体験】

Webライターのイメージ画像

Webライターの活動をスタートして、半年未満で月収20万円以上稼げるようになった僕の辿ったステップをご紹介します。

ちょっとキツかった時期もありますが、以下のように「確実に成長できる道のり」を辿ってきました!

①.1ヶ月だけクラウドソーシングサイトで案件を受ける:Webライティングの基本的な型を習得。(文字単価0.02円...。)

②.未経験OKのWebマーケティング企業にアルバイト入社:テストライティングに合格するためにそれなりに勉強。

③.入ったWebマーケが本気SEOの企業でボコボコにされる:4ヶ月在籍。ハゲそうになるくらい添削を受けました。

④.副業で受注している案件が増えてきたので独立:クラウドソーシングやWorkshipを利用。ほぼ全て直契約。

⑤.独立後、Wantedlyを利用して一気に収入アップ:現在月収25万円くらい。ブログに本気になり始める。

僕の場合、まず、アルバイトのSEOライターとしてWebマーケティング企業に入社しました。

ここでは、「SEOライティングのスキル」と「元Webマーケ所属という実績」を獲得しました。

小川フクロウ

いきなり本業をライターに変えてしまえば絶対に成長できると思ったので!

正直かなりきつかったですが、間違いないやり方です!

その後、WorkShipやWantedlyを活用し、割と安定したフリーランスライフを送っている状況です。

思い切って本業を変えてしまうのは、不安も大きいですが、短期間で成長できるおすすめのやり方です!

おすすめはクラウドワークス&ランサーズ+マッチングサイト

案件数が多く昇給制度もあるので、クラウドワークスとランサーズをメインに利用するのがおすすめです。

スキルアップしてポートフォリオも豊富になってきたら、WorkshipやWantedlyを利用すれば、さらなる収益アップを狙えるでしょう。

最後に、ご紹介したクラウドソーシングやサイトをおさらいしましょう。

おすすめしたサイトで相応の努力をすれば、確実にWebライターの収入をアップできるので、ぜひ参考にしてみてください!

-WEBライター

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.