WEBライター

初心者Webライターも稼げる!収入アップのコツ5つを徹底解説!

  • Webライターは初心者でも稼げるの?
  • どうやったらWebライターになれるの?
  • ノースキルでもできる副業知らない?
  • Webライターってどのくらい稼げるの?

この記事では、このような疑問を解決できます。

この記事の内容を実践すれば、初心者・未経験者の方でもWebライターの副業で稼げるようになります

なぜなら、ご紹介する内容は、未経験から半年以内にWebライティング月収40万円以上になった僕の実体験をベースにしているからです。

小川フクロウ

月収40万円以上稼いでいるWebライター、小川フクロウです!

未経験でWebライターになり、今ではフリーランスとしてのんびり生活しています。

Webマーケに所属していた時期もあるので、クライアントサイドの事情も熟知しています!

Webライターの副業を始める手順や、稼ぐためのコツを中心に解説するので、ぜひ確認してみてください!

目次

副業のWebライターとは?

ライターの画像

Webライターとは、Web上に掲載される記事を書く仕事を意味します。

たとえばWebライターが書く記事には、以下のような例が挙げられます。

  • このブログのような記事
  • 脱毛メディアやカードなど、専門メディアの記事

調べ物の際に、ネットを検索して出てくる記事を読む方は、多いのではないでしょうか。

そうした記事の大半を、Webライターが執筆しているのです。

またWebライターの仕事は、クラウドソーシングで幅広く募集されているので、トライする方が年々増加しています。

爆発的な利益を望める仕事ではありませんが、着実に稼げる副業として認知を広めているのです。

Webライターなら初心者・未経験者でもできる

Webライターの副業は、初心者や未経験者でも受けられます。

理由はひとつ、Webライターの仕事では、高度な文章力を求められることがないからです。

なおWeb媒体の記事では、流し読みする人が大半なので、簡単でわかりやすい文章を書く能力が求められます。

紙媒体とWeb媒体の違い

  • 紙媒体の記事:高度な表現力、正確無比な日本語力を求められる
  • Web媒体の記事:小学生が読んでもわかる簡単な文章を書ければOK

目安として、中学生程度の日本語力があれば何も問題ないです。

ちなみに、僕のWebマーケ時代の同期に最終学歴が小卒の方もいますが、Webライターとしてバリバリ稼いでいますよ。

副業Webライターのメリット2つ

ライターの画像Webライターの副業には、副収入を得られること以外にも、自由なライフスタイルにつながるメリットがあります。

以下でWebライターの副業のメリットを確認していきましょう。

副業Webライターのメリット2つ

  • 1. 自分の好きなペースで副業できる
  • 2. 時間や場所に縛られない生活ができる

メリット1:自分の好きなペースで副業できる

Webライターの副業では、時間・場所を問わず、自分の好きなペースで作業できます。

なぜなら、受注する仕事の量を自分でコントロールできるし、PCひとつあればどこでも作業できるからです。

具体的に、受注から納品までWeb上で完結するので、土日だけでも取り組めます。

自分のペースで無理なく作業できるので、まとまった時間が取れない方や、地方に住んでいる方にもオススメの副業と言えるでしょう。

メリット2:時間や場所に縛られない生活ができる

スキルアップして独立すれば、時間や場所に縛られない自由な生活を送れるようになります。

実際に、僕はフリーランスとして独立してから、毎日カフェやバーでのんびり作業しています。

とはいえ、たまに打ち合わせに行くので、完全に自由なわけではありませんが、満員電車に乗らなくて良いので最高です。


毎日出社するのがツライ方や、旅をしながら生活してみたい方にぴったりですよ!

副業Webライターを始める手順3つ

ライターの画像以下の3ステップだけ行えば、Webライターの副業は簡単にスタートできます。

これだけ実践すればすぐにWebライティングで収入を得られるので、それぞれのステップを確認しておきましょう。

副業Webライターを始める手順

  • 1. クラウドソーシングに登録する
  • 2. Webライティングの勉強をする
  • 3. 仕事を受ける

ステップ1:クラウドソーシングに登録する!

まずはクラウドソーシングサイトに登録しましょう!

Webライターの仕事は、クラウドソーシングで受けるので、登録が必須になります。

なお初心者・未経験者にオススメなのは、掲載案件数の多い以下の2サイトです。

サイトに登録すれば、掲載されている案件を確認できるので、Webライティングの仕事をイメージしやすくなります。


この記事を読んでいる今が1番やる気があるはずなので、登録だけ先に済ませることをおすすめします!

小川フクロウ

ライターネームやアイコンの登録は、後からいくらでも変更できるので、適当でOKです!

クラウドワークスで仕事を探す方法

一例として、クラウドワークスで仕事を探す手順を解説します。

クラウドワークスの公式ページへ進む

まずはログインした後、画面上部の「仕事を探す」のボタンを押しましょう。

クラウドワークスの画面

次に画面左部の「仕事カテゴリ」の中から「ライティング・記事作成」へ進みます。

クラウドワークスの画面

そしてライティング案件がズラッと表示されるので、それぞれの条件を確認していく手順です。

クラウドワークスの検索画面

以上のように操作すれば、簡単にWebライティングの案件を探せるので、まずはどんな募集があるのかを確認してみてください。

ステップ2:Webライティングの勉強をする!

サイトに登録したら、円滑に仕事を受けられるように、Webライティングの勉強をしておきましょう。

なぜなら、簡単であるとはいえ、基礎を理解しなければ、難しい作業もあるからです。

なお基礎を理解できる本として、以下の2冊をピックアップしたので、仕事を受ける前に読み込んでおきましょう!

Webライティングのやり方が気になる方は、書き方をわかりやすくまとめているので、以下の記事も確認してみてください!

webライティングの書き方!これだけ覚えて副業スタート【初心者】

小川フクロウフリーランスwebライターの小川フクロウです! 未経験でwebライターとなり、最初の3か月間は、webマーケ ...

ステップ3:仕事を受ける!

紹介した本に目を通したら、思い切って仕事を受けてみましょう。

理由は簡単でして、Webライティングは、実際に受けてみないとわからないことが圧倒的に多いからです。

また初心者OKと掲示しているクライアントは、未経験者用にわかりすいマニュアルを用意しています。

そのため、実際に仕事を受けながら確認した方が、作業のやり方を理解しやすいのです。

とはいえ、1回目の仕事を受けるのは誰でもすごく緊張するものです。

みんな乗り越える壁なので、勇気を出して応募してみてくださいね!

クラウドワークスで仕事を受ける手順

わかりにくい画面もあるので、クラウドワークスで仕事を受ける手順を解説します。

仕事の種類は、大きく分けて「タスク案件」と「プロジェクト案件」の2種類があります。

  • タスク案件:1時間以内に終わる500文字程度の執筆、簡単な体験談など
  • プロジェクト案件:中長期の案件、5,000文字前後のブログ記事など執筆

【タスク案件の操作手順】

まずタスク案件をやる場合には、「タスク」と書かれた募集投稿をクリックしましょう。

タスク案件の操作画面

そして作業内容を確認して、画面右上の「作業を開始する」ボタンを押せば、すぐに仕事がスタートします。

タスク案件の操作手順

タスク案件は、実績作りに1~2回程利用したら卒業しましょう。なぜなら、極めて単価が低いので、まともに稼げないからです。

【プロジェクト案件の操作手順】

プロジェクト案件をやる場合は、「固定報酬制」と書かれている募集投稿を選べばOKです。

プロジェクト案件の操作手順

仕事の内容を確認して、問題なければ画面右上の「応募画面へ」をクリックします。

プロジェクト案件の操作手順

そして以下の応募画面に切り替わるので、必要事項を記入して、申し込みする流れになります。

なおクラウドワークスで稼ぐためには、プロジェクト案件を中心に活動するのがオススメです。

タスク案件より、高単価で執筆本数の多い仕事を受けられますよ。

仕事を依頼するかどうかはクライアントが決めることなので、初心者だからといって遠慮せずにガンガン応募しましょう!

副業Webライターで稼ぐコツ5つ

Webライターの副業で稼ぐためには、事前に稼ぐコツを理解しておきましょう。

なぜなら、思うように稼げていない人もいるのは、なんとなく仕事を受けるだけでは、稼ぎにくい実情があるからです。

僕が今までに獲得したコツを以下にまとめたので、ぜひ確認してみてください。

副業Webライターで稼ぐコツ

  • 1. ブログを書いて実力を示す
  • 2. 文字単価の相場を知る
  • 3. 単価交渉をする
  • 4. 2~3件を目安に案件を受ける
  • 5. SEOの理解を深める

コツ1:ブログを書いて実力を示す

Webライターが稼ぐためには、ブログを書いて実力を示せるようにしましょう。

理由はひとつ、実力がわからない人に重要な仕事を任せたいと思うクライアントはいないからです。

たとえば、Webライターの仕事以外でも、能力や人間性がわからない方に、仕事を任せたいと思う人はいませんよね。

僕の場合も、このブログを見て仕事を依頼してくれることになったクライアントがほとんどです。


ブログ開設自体を評価してくれる方も多い
ので、良い文章を書けなくてもブログは作っておくことをオススメします!

WordPressブログの始め方を画像74枚でわかりやすく解説【超初心者向け】

小川フクロウ 以上のような悩みを解決できる記事を書きました! Webマーケティング企業出身の小川フクロウが説明していきま ...

コツ2:文字単価の相場を知る

Webライターの副業でしっかり利益を出すためには、必ず文字単価の相場を理解しておきましょう。

なぜなら、クラウドソーシングサイトには、極端に単価の低い案件も掲載されているからです。

なお、文字単価の相場は、以下の金額を目安にしてください。

文字単価 目安
0.01円〜0.2円 絶対受けてはいけない案件!!
0.3円〜0.8円 初心者向け
0.8円〜1.0円 初心者向け
1.0円〜1.5円 初心者・中級者向け
1.5円〜2.0円 中級者向け
2.0円〜3.5円 中級者・上級者向け

実際に、僕は初めて受けた案件が文字単価0.02円だったので、稼げずに挫折しました。

どう頑張っても稼げないので、文字単価が低すぎる案件は、受注しないようにしましょう。

コツ3:単価交渉をする

より効率的にWebライターの副業で稼ぐためには、単価交渉をしましょう。

理由は最初から高単価な案件を探すよりも、交渉で単価アップした方が効率が良いからです。

なお、単価交渉をする場合には、こまめにクライアントと連絡を取り合い、事前に信頼関係を作っておきましょう。

信頼関係がなくても単価交渉はできますが、非常に言い出しにくい雰囲気なので難しいです。

単価交渉で文字単価が倍にあることもあるので、ある程度継続したら、積極的に単価交渉することをオススメします。

コツ4:受注するクライアントを絞る

仕事を受注するクライアントを増やしすぎると、稼ぎにくくなります。

なぜなら、案件を増やし過ぎてしまうと、評価が分散するので、単価が上がりにくくなるからです。

具体的に、副業でやる場合は、2~3件程度に絞るのがオススメです。

経験上、限られた時間でも無理なくこなせるギリギリの量と言えます。

新しい案件に手を出したくなる気持ちもわかりますが、受注する仕事を絞って着実に評価を伸ばしましょう。

コツ5:SEOの理解を深める

SEOの理解を深めれば、Webライターとしての価値が高まります。

SEOとは、Googleの検索結果で上位表示させるための施策を意味します。

Web媒体の記事の大半は、検索結果で上位表示させてアクセスを増やし、広告費で稼ぐビジネスモデルを取っています。

そのため、上位表示させるスキルを理解しているライターは、クライアントに重宝されやすいのです。

経験上、SEOを理解しているライターは少ないので、差別化を測るのにオススメです。

SEOについてしっかり勉強して、効率的にWebライターとしての価値を高めましょう。

SEOライティングのやり方!基本14個と重要ポイント6つ!

SEOライティングで必要なことを網羅的に知りたい ブロガー・SEOライター向けのSEOライティングを覚えたい アップデー ...

副業Webライターが稼ぐための注意点5つ

ムダな消耗やクライアントとのトラブルを防ぐために、以下の注意点を理解しておきましょう。

僕自身も経験していますが、以下の注意点を無視してしまうと、挫折する可能性が高いです。

副業Webライターが稼ぐための注意点

  • 1. 文字単価は1円以上の仕事に絞る
  • 2. 納期には絶対に送れない
  • 3. ジャンルにこだわらない
  • 4. 条件が良すぎる案件に注意する
  • 5. 3ヶ月は継続する

注意点1:文字単価1円以上の仕事に絞る

Webライティングで稼ぐための注意点には、文字単価1円以上の仕事に絞るべき点が挙げられます。

なぜなら、限られた時間でやる以上、文字単価1円以下で稼ぐのは困難だからです。

たとえば月収10万円稼ぐ場合、文字単価が0.3円と1円で比較すると、納品本数は以下のようになります。

  • 10万円(月収)÷0.3円(文字単価)÷5,000文字(1記事)=約66記事
  • 10万円(月収)÷1.0円(文字安価)÷5,000文字(1記事)=約20記事

現実的に言って、1ヶ月で60本以上納品するのは、専業でやっても無理です。

初心者OKで文字単価1円以上の募集は少ないですが、妥協せずに好条件の案件を探した方がよいですよ。

注意点2:絶対に納期には遅れない

Webライターとして仕事を受けたからには、納期に遅れてはいけません。

理由は、初心者はスキルではなく、人間性を認められて仕事を獲得したようなものだからです。

そのため、唯一担保できている人間性を疑われたら、最悪打ち切りになってしまう可能性もあります。

カミングアウトしてしまうと、僕が初めて受けた文字単価0.02円の案件は、納期に遅れたことが原因で打ち切られました。

小川フクロウ
今は絶対に遅れるようなことはありませんよ!

自分のペースで仕事できるからこそ、先伸ばしにして納期ギリギリになる可能性が高いので、意識して早めに納品するようにしましょう。

注意点3:ジャンルにこだわらない

最初のうちは、執筆するジャンルにこだわりすぎないように注意しましょう。

なぜなら、クラウドソーシングに書きやすいテーマの案件が出ていることなんて、ほとんどないからです。

たとえば、初心者OKでクラウドソーシングに出ている案件には、以下のようなジャンルが挙げられます。

  • カードローン
  • 婚活体験談
  • 転職サイトの比較
  • 脱毛知識
  • 介護系知識
  • アプリ比較
  • FX知識
  • 不動産投資知識

詳しい方もいるかもしれませんが、リサーチしなければ書けない記事がほとんどです。

実際に僕がデビューして3ヶ月間、書きやすいと思って書いた記事は、ほとんどありません。

注意点4:条件が良すぎる案件に注意する

あまりにも条件が良すぎる案件は、受けないようにしましょう。

理由はひとつ、クラウドソーシングでは、破格に条件が良い案件など存在しないからです。

具体的には、以下のように書かれている案件に注意しましょう。

  • 初心者・未経験者でも文字単価2円からOK!
  • 執筆ジャンル多数!好きなジャンルを選べます!
  • 月収20万円以上は確実に稼げます!

実際に、僕は「文字単価2円」と書かれた案件に応募して、本文をチェックしたら「3ヶ月間は0.5円で最大が2円」と追記されていたケースがあります。

また「グルメや旅行など好きなジャンルを選べます!」と書かれた募集では、「トイレつまり」や「汚水処理」の記事を強制的に書かされました。

美味しすぎる案件には必ず裏があるので、細心の注意を払って募集要項を確認しましょう。

注意点5:3ヶ月は継続する

Webライターの副業で稼ぐためには、3ヶ月以上継続して活動する必要があります。

なぜなら、テストライティングを受けたりマニュアルを読み込んだりと、最初の1~2ヶ月はやることが多いからです。

たとえば、テストライティングは、せっかく受けても落ちることがあるので、時間のロスに繋がりやすいと言えます。

実際に僕もテストライティングを受けることが多かったので、初月は1万円しか稼げませんでした。

システムの都合上、すぐには稼げないものなので、3ヶ月間は腐らずに頑張りましょう。

初心者スタートの僕だから言える!副業WebライターのQ&A7つ

質問のイメージ画像よく聞かれる質問を、これからライターの副業をやってみたいと思っている方向けにまとめました。

疑問が残った状態では、行動できない方も多いので、ぜひ確認してみてくださいね。

副業WebライターのQ&A7つ

1. 月5万円稼ぐには毎週どのくらい時間をかければいい?

2. 毎月どのくらいの収入が見込める?

3. 納期ってどのくらいが目安なの?

4. おすすめのサイトはある?

5. 今からだと遅いとかある?

6. 稼げないっていう人もいるよね?

7. 初心者の頃どんなことに悩んだ?

質問1:月5万円稼ぐには毎週どのくらい時間をかければいい?

僕の経験上の目安になりますが、以下を参考にしてください。

  • 月収5万円:週10時間〜20時間程度
  • 月収10万円以上:週30時間~40時間程度

Webライティングは初心者でも稼げますが、簡単に儲かる仕事ではありません。

普通の仕事なので、稼ぐためには相応の時間を割く必要があるのです。

なお、経験を積んで高単価案件を受けられるようになれば、短い稼働時間でも稼げるようになります。

何にでも相応の努力が必要になることを覚えておきましょう。

質問2:毎月どのくらいの収入が見込める?

僕の経験上、毎日3~4時間程度取り組み続ければ、2~3ヶ月で5~10万円は稼げるようになります。

理由は、2~3ヶ月もあればかなり上達するので、高単価案件を獲得しやすくなるからです。

実際に、僕が副業でWebライターをやっていた時は、毎日3~4時間程度の時間を割いていました。

ただし、本業をしながら毎日副業をするのは、簡単ではありません。

安定して稼げるようになるためには、しんどい時期もあることを理解しておきましょう。

質問3:納期ってどのくらいが目安なの?

5日~7日程度の納期が多いです。その期間内であれば、作業する時間を自由にコントロールできますよ。

なお僕の経験上、初心者の方でも2~3日あれば、5,000文字程の記事1本は書けるはずです。

プライベートが忙しすぎる方以外、納期に遅れる心配はいりません。

質問4:おすすめのサイトはある?

おすすめのサイトは、紹介したクラウドワークスランサーズです。

なぜなら、この2つのサイトは、ライティング案件が豊富にあるので、初心者の方でも応募しやすいからです。

正直、クラウドソーシングサイトはどこも大差ないので、良いサイト選びよりも「案件に応募する勇気」の方が重要です。

受けやすい案件がたくさんあるので、まずは登録して仕事に応募してみてください。

質問5:今からだと遅いとかある?

断言しますが、今から始めると遅いなんてことは絶対にありません。

なぜならWeb媒体の広告費は、年々増加しているので、今後もWebライターの需要が高まるはずだからです。

【日本の広告費の推移グラフ】

日本の広告費の推移の画像
出典:メディアレーダー 日本の広告費の推移グラフ

またWebライティングは、タイミングを売りにするような怪しいビジネスではないので、参入時期なんて無視でOKです。

堅実に取り組めば普通に稼げるので、まずはやってみることをおすすめします!

質問6:稼げないっていう人もいるよね?

稼げない人も確実にいます。ただし、そういう方は、Webライターだからできないのではなく、何をやっても稼げない人です。

なぜならWebライティングは、運や才能など必要ない、誰にでもできる普通の仕事だからです。

たとえば、Webライターの仕事で稼げてない方は、以下の特徴に当てはまる人が多いでしょう。

稼げていない人の特徴

  • なんでもすぐに諦める
  • 自制心がない
  • 勉強しない
  • 当たり前の基準が低すぎる
  • 仕事をすぐやめる
  • 夢や目標がない
  • 楽して儲かりたい
  • リスクを取れない

何度も伝えていますが、継続して取り組めば誰にでもできる仕事です。

紹介したコツや注意点を守れば、諦めない限り稼げるようになると断言できます。

質問7:初心者の頃どんなことに悩んだ?

僕が初心者の頃悩んだのは、「本当に自分にもできるのか」ということです。

なかなか思うように収入にならなくて、自分には特別才能がないのではないかと悩み続けました。

なんなら、月収40万円以上稼げるようになった現在も、来月も同じように稼げるのか不安を感じています。

しかし「自分には向いていないかも」という気持ちを持ちながらでも、活動を続けてきたら、今のように稼げるようになりました。

有名なWebライターも、同じように初心者だったはずなので、不安を抱えながらも進む力が1番大切かもしれませんね!

クラウドソーシングサイトで仕事を受けてみよう!

紹介した内容を実践すれば、初心者Webライターでも稼げるようになるので、お金と時間に余裕のある生活が手に入りますよ。

最後に、紹介したWebライターになる手順やコツをおさらいしましょう。

副業Webライターになる手順

  • ステップ1. クラウドソーシングに登録する!
  • ステップ2. Webライティングの勉強をする!
  • ステップ3. 仕事を受ける!

副業Webライターで稼ぐコツ

  • コツ1. ブログを書いて実力を示す
  • コツ2. 文字単価の相場を知る
  • コツ3. 単価交渉をする
  • コツ4. 受注するクライアントを絞る
  • コツ5. SEOの理解を深める

一歩目のアクションが1番大切なので、以下のクラウドソーシングに登録するところからスタートしてみてください。

-WEBライター

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.