WEBライター

Webライターは稼げない?月20万稼ぐライターになれる8ステップ

  • Webライターって本当に稼げるの?
  • 稼げないWebライターの特徴は?
  • 稼げるWebライターになる方法を知りたい!
  • Webライターとしての収入をアップしたい!

以上のような悩みを解決できる記事を作りました。

この記事で紹介する「月20万円稼ぐWebライターになるための8ステップ」を実践すれば、独立できるくらい稼げるWebライターを目指せますよ!

未経験〜半年以内に月40万円以上稼げるようになったWebライターの僕が、実体験を交えつつ解説していきますね。

まずは「Webライターは稼げないの?」っていう前提から回答しているので、以下で読み進めてみてくださいね!


なお、「すぐに稼げるWebライターになる方法が知りたい!」と思った方は、「月20万円稼ぐWebライターになるための8ステップ」から読んでくださいね。

Webライターは稼げない?やり方次第で普通に稼げます

まず結論から言うとですね、Webライターはやり方次第で全然稼げますよ。


なぜなら、僕自身が未経験〜半年以内に月40万円稼げるようになり(ブログ更新止めれば60万円はいける)、体感的に「誰でも月40万円程度までなら稼げるな」と感じたからです。


「小川さんは人より運があったから」「圧倒的に頑張ったからでしょ」なんて言われますが、ぶっちゃけ一切そんなことないかなと。


もちろんたくさん努力をしてきましたが、普通に映画とかアニメとか見まくって、サボる日も全然余裕であった感じです。(さっきまでハイボール飲んでました。)


とはいえ、僕も稼げるようになるまでに「あぁWebライターってつらい」って感じた瞬間は、軽く100回以上あるかなと思います。


以下ではそんな僕の実体験をベースにして、『稼げないWebライターの特徴』や『稼げるライターになるための方法』について掘り下げていきますね。

稼げないWebライターの特徴3つ

実際に稼げなかった頃の僕自身の特徴なんですが、『稼げないWebライターの特徴』として思い返してみました!


どれも「あ〜だから稼げなかったんだな」って僕が本音で思ったことなので、「本当に稼げるのかな?」って不安な方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

稼げないWebライターの特徴3つ

  1. クラウドソーシングしか利用していない
  2. セルフブランディングができていない
  3. 当たり前の基準が低すぎる

特徴1:クラウドソーシングしか利用していない

ひとつ目の特徴には、クラウドソーシングしか利用していない点が挙げられます。


なぜクラウドソーシングだけじゃダメかと言うと、「競争率」が高すぎるし「単価相場」が低すぎるから。


もはやクラウドソーシング内には、Webライターなんて腐るほどいますし、単価相場は0.5円から1円程度と安めな感じなんですよね。


なおクラウドソーシング以外で仕事を取る方法には、以下のパターンがあります。

  • 気になるメディアに直接メールを送ってみる(営業)
  • フリーランスマッチングサイトを使う
  • 求人系マッチングサイトを使う

他の方法で仕事取るのって面倒なのでやっていない人多いのですが、僕はフリーランスマッチングサイトを使って単価が6倍に上がりました。

クラウドソーシングは下積みとして考えて、ある程度経験を積んだら、他の手法で仕事を取るのが非常に重要なポイントになりますね。

特徴2:セルフブランディングができていない

まさに僕の実体験ですが、セルフブランディングができていないと、仕事を取るのはかなり難しいです。


Webライターはかなりたくさんいるので、「仕事を依頼したい!」と思われなかったら、埋もれちゃうんですよね。


目安としては、プロフィールを自分で読んでみて「ぜひ依頼したい!」って思うレベルのプロフィールじゃなかったら、すぐ書き直した方がいいですね。


「認定ランサー」とか「プロクラウドワーカー」ってググれば、すぐにクラウドソーシングの上位ライターのプロフィールを見れるので、参考にしてみるとよいですよ!

特徴3:当たり前の基準が低すぎる

脱落してしまった友人も多いのですが、みんなに共通している点として、当たり前の基準が低すぎるってのがありまして。


っていうのも、高単価のWebライターに求められるスキルって甘くないので、本業と同じ基準でやらないと稼げないんですよね。


「毎日10時間使おう!」ってほどハイレベルじゃなくてよいので、稼ぐためには最低でも週10時間〜20時間程度、時間を割いたほうがよいかと。


実際やめてしまった友人の多くは、週2~3時間程度しか時間を割かず、全然成長せずにやめてしまった感じでした。


適切に取り組めばちゃんと稼げるようになるので、本業と同レベルの基準を保つのが重要になるかなと思います!

月20万円稼ぐWebライターになるための8ステップ

以下では、僕自身の実体験として言える「月20万円稼ぐWebライターになるためのステップ」をご紹介しますね!


かなり厳し目のステップですが、諦めずに実行していけば「確実にスキルアップできる基準」で書きました。


全部実行して継続してもダメなら相談のるレベルなので、「稼げるWebライターになりたい!」って方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

  1. WordPressブログを作成する
  2. Webライティングを学ぶ
  3. 5記事更新してポートフォリオにする
  4. 良記事を10記事写経する
  5. クラウドソーシングに登録する
  6. クラウドソーシングで仕事を受ける
  7. ブログ運営でSEOの理解を深める
  8. フリーランスマッチングサイトを使う

ステップ1:WordPressブログを作成する

ステップ1では、WordPressブログを作成しましょう!


なぜならWordPressブログは、実力を示すポートフォリオにできるから。


クライアントからしたら、実力もわからない人に仕事を依頼するありえないので、ポートフォリオがないと仕事を任せられません。


実際に僕より文章力が高いけれどブログをやっていない友人がいまして、「未だにクラウドソーシングで文字単価1円以上取れない」と言っていました。


WordPressブログを持っておけば、Webマーケティングの仕組みの理解にもつながるので、最初の段階で必ず作成しておきましょう。

ステップ2:Webライティングを学ぶ

ブログを開設したら、まずは記事更新をするためにWebライティングの基礎を学びましょう。


あえてブログ開設後に学び始めた方がよいのは、先に活動のプラットフォームを作った方が、モチベーションを保てるからです。


なおWebライティングを学ぶためには、以下2冊の本を読んでみてください。

  • 沈黙のWebライティング
  • 新しい文章力の教室

最初は理解できないことも多いはずなので、なんとなく読み進める感じでOKです!

実際に記事を書きながら何度も読めば、徐々にスキルが身につくはずですよ!

Webライティングの書き方3ステップ
高品質な記事を作成できる!Webライティングの書き方3ステップ

Webライティングの全手順を知りたい! 上位表示される記事を書くスキルが知りたい! Webライターとしてスキルアップした ...

ステップ3:5記事更新してポートフォリオにする

ステップ3では、ブログを5記事更新して、クライアントに見せられるポートフォリオに仕上げましょう。


5記事書くべき理由は、あんまり少なすぎても意味ないですし、多すぎると挫折するから。


なお書くジャンルは、なんでもいいので自分の好きなことや得意分野なんかがオススメですね!


全く知らないジャンルよりも楽しくかけますし、クオリティの高い記事を作成できるはずですよ!


もちろんブログ収益にもつながるので、書いた記事が無駄になることもありません!

ステップ4:良記事を10記事写経する

ステップ4では、良記事を10記事写経しましょう。(写経=丸写し)


というのもちまちまと書き方のノウハウを覚えるよりも、良い文章を丸写ししてしまった方が、圧倒的に身につくのが早いからです。


なお、丸写しするのにオススメなのは、Webマーケティングに関する超有益な情報を発信している「バズ部」の記事ですね。


文章の良さももちろんですが、書き写しながら書いてあることの意味を学べば、Webライターに必要な知識も身につくので一石二鳥です。


これまでにいろんな練習方法を試しましたが、1番効果があったのが写経なので、成長したい方はぜひ実践してみてください!

ステップ5:クラウドソーシングに登録する

いよいよになりますが、クラウドソーシングサイトに登録をしましょう。


結構長めの下準備をしてきた理由は、ポートフォリオがない状態で仕事を受け始めても、全然取れなくて挫折するからです。


なお、オススメのクラウドソーシングサイトは、以下の2つですね。

どちらのサイトも初心者向け案件がたくさんあるので、幅広いジャンルから仕事を探したい人は両方とも登録してみてくださいね。

ステップ6:クラウドソーシングで仕事を受ける(3ステップ)

クラウドソーシングサイトに登録したら、いよいよ仕事を受注し始めましょう。


なお以下の手順通りに仕事を受けると、効率的に高単価案件を受けられるようになりますよ。

オススメの3ステップ

  1. タスク案件を5件以上受ける:レビューなどの簡単な文章作成案件
  2. 文字単価1.0円以上のプロジェクト案件を受ける:中長期の記事作成案件、
  3. 文字単価2.0円~3.0円のプロジェクト案件を受ける:中長期の記事作成案件、スキルが必須

いきなり高単価案件ってなかなか獲得できないので、タスク案件で実績を積み、プロジェクト案件で収入をアップしていくイメージですね。


ケースバイケースなんで全く同じ文字単価にはならないと思いますが、ぜひ高単価案件に積極的にチャレンジしてくださいね!

ステップ7:仕事と並行してブログ運営を続けよう

仕事と並行して、ブログ運営をガッツリやっていきましょう。


ブログ運営を積極的にやった方がいいのは、以下のメリットがあるから。

  • ブログが不労所得=資産になる
  • 実践レベルのSEO(検索エンジンで上位表示させる施策)スキルを磨ける
  • Webライティングの練習になる
  • 最新のポートフォリオを掲示できる

たとえば、Webライターは執筆した時のみ報酬を受け取りますが、ブログでは一度書いた記事から半永久的に収入が発生します。(不労所得ではない)


執筆した分しか報酬を受け取れないのって、長期的に見ると結構つらいので、ブログ運営も同時に進めるととても効率がよいですよ。


もしブログから収入が発生する理由かわからない方は、以下記事で「ブログ収入の仕組み」を学んでみてくださいね!(Webライターにも必須の知識です!

ステップ8:フリーランスマッチングサイトを使う

最後のステップでは、フリーランスマッチングサイトを使って一気に高単価案件を取りにいきましょう。


前述していますが、クラウドソーシングとフリーランスマッチングサイトでは、単価相場が桁違いだからですね。


求人系サイトも混じってますが、おすすめのサイトは、以下の通りです。

  • クラウドテック
  • Wantedly
  • WordkShip

特にWantedlyは、現在僕が受けている仕事につながったプラットフォームなので、超オススメです!


高単価案件をゲットできる反面、ライターに求められる基準も高くなるので、必ずステップ1~7までを実践してから使ってみてくださいね!

月20万円稼ぐWebライターになるためのコツ3つ

以下では、月20万円稼ぐWebライターになるためのコツをご紹介していきますね。


意外と盲点なコツだけをピックアップしたので、まとまった収入が欲しい方はぜひ参考にしてくださいね。

月20万稼ぐためのコツ3つ

  1. 高単価案件にふさわしい人材を演出する
  2. SEOをガッツリ勉強する
  3. 「ブログ収益」をポートフォリオにする

コツ1:高単価案件にふさわしい人材を演出する

コツのひとつ目は、高単価案件にふさわしい人材を演出すべき点ですね。


当たり前なんですが、ふさわしい人にふさわしい案件が依頼されるので、演出しなければ永遠に初心者向け案件しかゲットできないから。


アピールのひとつとして、受けてきた仕事は自分の実績としてガンガンプロフィールに書くといいですね。(守秘義務があるなら抽象的に書けばOK)


そして、実績やスキルをちょっとオーバー目に書くのもすごい重要なポイントです。(事実の範囲で言い方を工夫するってことです。)


仕事を獲得する上では、謙虚さは弊害以外のなにものでもないので、ぜひ「仕事を依頼したくなる人」を演出してみてくださいね。

コツ2:SEOをガッツリ勉強する

ふたつ目のコツには、SEOをガッツリ勉強すべき点が挙げられます。


SEOとは、検索エンジンで上位表示させるための施策のことです。(初心者向けに解説しています。)


Webライターに依頼されるのは、Googleの検索結果に上位表示させてアクセスを稼ぎ、広告収入が発生するといった記事です。


なのでSEOを理解していた方が、クライアントからしてみたらいちいち指示を出さなくても話しが通じるので、仕事をしやすいんですよね。


ブログ運営においても必須スキルになるので、以下記事で勉強してみてくださいね。

Webライターが覚えるべきSEO対策5つと理解度を深めるコツ1つ
Webライターが覚えるべきSEO対策5つと理解を深めるコツ1つ

Webライターが覚えるべきSEO対策は? WebライターはSEOを理解しないとダメ? SEOっていまいち理解できなくて困 ...

続きを見る

コツ3:ブログ収益をポートフォリオにする

よりガッツリ稼ぐためには、書いたブログ記事だけじゃなくて、「ブログで得た収益」をポートフォリオとして伝えましょう。


というのもメディア運営で収益を得ているということは、Webマーケティングに深い知見があることの証明になるから。


僕もWebマーケにいたのでわかるのですが、「良い記事を書くライター」はたくさんいますが、「Webマーケティグに精通してるライター」ってめっちゃ希少な存在なんですよね。


当然担当できる仕事も増えるはずですし、単価アップも余裕で交渉できるので、月3万円程度得られるようになったらプロフィールに乗せるとよいですよ!

稼げるWebライターになるための注意点3つ

以下では、稼げるWebライターになるための注意点を解説しますね!


Webライターに限ったことじゃないのですが、どれも重要なポイントなので、着実に収入アップしたい方はぜひ確認してみてください!

稼ぐための注意点3つ

  1. 必要経費をケチらない
  2. 半年は諦めない
  3. まず完成させることを優先する

注意点1:必要経費をケチらない

もっとも重要になる注意点ですが、必要経費をケチらないようにしましょう。


というのも、必要経費って未来の自分が稼げるようになるための投資なんで、1番節約してはいけないところだから。


なおWebライターの活動で必要になるのは、ブログ運営費で毎月1,000円と、本代くらいですかね。


かなり激安経費なので、「自分のための費用」なんだと割り切るといいですね。

注意点2:半年は諦めない

これも失敗としてかなり多いのですが、半年は諦めないようにすべきですね。


というのも、ご紹介した手順を見てもわかる通り、着実に活動しようと思うとわりと時間がかかるので。


僕自身がそうだったんですが、稼げるようになる時って急にやってくるので、うまくいかない時期をいかに乗り越えるかが重要なんですよね。


なのでなかなか成果が出なくても、「とにかく半年は続ける」って意識で活動するとよいですね。


一度稼げるようになればその後の生活がガラっと変わるので、粘り強くがんばってくださいね!

注意点3:まず完成させることを優先する

仕事を受け始めてからのことなんですが、まず記事を完成させることを優先して作業するのも重要です。


真面目な人ほど陥りやすいのですが、書きながら文章を細かくチェックしすぎて、いつになっても終わらないと挫折してしまうので。


僕自身も経験があるのですが、文章っていくらでも修正しようがあるので、こだわりすぎてしまうとマジで1記事60時間くらいかかってしまうんですよね。


なので「
この記事は3時間以内に完成させる」と最初に決めて、その範囲でできるクオリティーを受け入れるといいですね。


真剣に取り組む人ほどこの現象に陥りやすいので、挫折しないためにも心に留めておいてくださいね。

まずはブログを作ってポートフォリオにしよう!

ご紹介した「月20万円稼ぐWebライターになるための8ステップ」を実践すれば、本業レベルに稼げるWebライターを目指せますよ。


最後に、ご紹介した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

月20万円稼ぐための8ステップ

  1. WordPressブログを作成する
  2. Webライティングを学ぶ
  3. 5記事更新してポートフォリオにする
  4. 文章を10記事更新する
  5. クラウドソーシングに登録する
  6. クラウドソーシングで仕事を受ける
  7. 仕事と並行してブログ運営を続ける
  8. フリーランスマッチングサイトを使う

なお以下記事で初心者向けにわかりやすくブログの始め方を説明しているので、Webライターとして収入アップしたい人はぜひ実践してみてくださいね。

wordpressブログの始め方
WordPressブログの始め方を画像74枚でわかりやすく解説【超初心者向け】

ワードプレスブログを簡単に始めたい! ブログの始め方を超わかりやすく説明してほしい! ワードプレスブログをすぐに始めたい ...

-WEBライター

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.