WEBライター

Webライターはきつい?きつかったこと5つとよかったこと5つ

小川フクロウ

Webマーケティング企業出身、フリーランスWebライターの小川フクロウです。

未経験〜半年以内にライティング月収40万円達成。

  • Webライターってきついの?
  • Webライターはどんなことがきつい?
  • デメリット・メリットを比較すると実際どう?
  • きつい状況を打破して稼ぐにはどうしたら?

以上のような悩みを解決できる記事を用意しました。


ご紹介する『Webライターのきつかったこと・よかったこと』を読めば、『Webライターって実際どうなの?』という疑問を解消できますよ。


なぜなら未経験スタートでフリーランスWebライターになった僕が、これまでに経験してきたことをありのままに紹介していくからです。


まずは、「結論としてWebライターはきついのか」という問いに答えているので、ぜひ読んでみてくださいね。

Webライターはきつい?安定するまではわりときつかった

僕の体感レベルの話になりますが、安定して稼げるようになるまでは、けっこうきつい時期もあったかなと思います。


っていうのもやっぱり最初のうちは、思ったように仕事を獲得できなかったり、覚えなきゃいけない作業とかも多かったりって感じなので。


僕の場合、最初の3ヶ月くらいまでは、「収入が不安定だし、こんな薄給の仕事してられっかよ」って内心ちょっと思ってました。


でもそのゾーンを突き抜けてからは、本業以上に稼げるようになり、悩まずとも活動できるようになりましたね。


きつい場面も多かったですが、会社員も普通にきついですし、「1年くらい我慢してでも人生変えたい!」って方にはWeライターオススメですよ。

僕の実体験!Webライターで月40万円稼ぐまでにきつかったこと5つ

以下では、僕がWebライターとして活動してきた中でも、特にきつかったことを5つ紹介していきます。


「Webライターって実際どんな感じなんだろう」と気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

僕がきつかったこと5つ

  1. 超低単価案件を受けて消耗した
  2. 1記事書くのに超時間がかかった
  3. キャパがわからず仕事を受けすぎた
  4. 時折孤独感に苛まれた
  5. 自己管理が非常に大変だった

その1:超低単価案件を受けて消耗した

まずひとつ目は、最初の頃に超低単価案件を受けて、消耗してしまったことですね。


僕も仕事を取れなかった時期がありまして、初心者OKの1記事5000文字=100円(文字単価0.02円)という案件を受けていました。


「練習にもなるし頑張ろう!」と思って、1記事書くのに1週間かけていましたが、3記事ほど納品した時点でやりがいを失い挫折です。


その結果、クラウドソーシングで評価1をつけられてしまい、その後数週間ほどWebライターの道は諦めてしまいましたね。


僕の場合はすぐ立ち直って、速攻で稼げるようになりましたが、初心者は文字単価0.5円〜0.8円くらいを狙うことをオススメします!

小川フクロウ
こういう「鍛えてあげるから激安報酬で勘弁ね」みたいな案件って本当にきついので、注意してくださいね。

その2:1記事書くのに超時間がかかった

1記事書くのに超時間がかかったことも、僕にとってはかなり大変でした。


というのも最初の頃って、何を基準にすればいいかわからないので、「書いては消して」を延々と繰り返してしまうものなんです。


実際僕の場合、初めて書いた記事は、60時間〜80時間くらいかかってました。


「文章ってこんなに難しかったけ。」となるくらい、1記事1記事大プロジェクトをこなすレベルに疲弊してましたね。


とはいえ適当に書いちゃう人って成長しないので、稼げるWebライターになるためには、誰しもが通る道でもあるかなと。


これから取り組む方は、どんなに時間がかかっても「自分には才能ないのかな」とか思わないでOKです。

小川フクロウ
悩んだ分だけ、正確な文章を超高速でかけるようになるので、頑張ってみてくださいね。

その3:キャパがわからず仕事を受けすぎた

キャパがわからず仕事を受けすぎた時期は、僕にとって地獄の日々だったかもです。


フリーランスになった直後、勢い余って5社ほど大きい仕事を受けてしまい、完全にパンクしました。


朝も夜も延々と記事を書いていましたが、幸いクライアントの都合でなくなった仕事があり、なんとか調整がつきました。


僕の場合、一気に増やしすぎたのが問題でして、「メディアごとの執筆ルール」を覚えるのが大変だったのもありますね。


パンクすると締め切りに追われて眠れなくなるので、1社ずつ着実に増やしていくのがオススメですよ。

その4:時おり孤独感に苛まれた

時おり訪れる「孤独感」は、なれるまで結構きつい感じでしたね。


フリーランスになると、人と会わなくなるので、話す機会が絶望的になくなるんですよね。(人によるかも)

僕が1日の間で話すこと

  • コンビニでの会計時に「袋いらないです。」っていう一言
  • 定食屋でお会計時に「ごちそう様でした。」っていう一言
  • クライアントからかかってくる業務に関する電話

ちょっと大げさに書きましたが、夜とかになると「もしかして社会の輪から外れちゃった?」とか思ってました。


でもある程度すると慣れまして、今はその「孤独感」が心地よかったりもします。


孤独になればなるほど、自分と向き合う時間が増えるので、他人に左右されず「自分の人生」に集中できるんですよね。

その5:自己管理が非常に大変だった

自己管理の大変さは、多分フリーランスなら誰しもが感じてることかと。


フリーランスは、「定時に全員出社する」といった会社員的な強制ルールがないので、自制しないと本当に仕事が進まないんですよね。


僕は宿題とか絶対やらなかった人なので、予定通りに仕事が進まず、締め切りギリギリパターンが頻繁にありました。


リアルな話「今日は家に帰って飲もう」とか「U-NEXTでアニメ見よう」みたいな誘惑に打ち勝つのって、結構大変なんです。


失敗から学び改善できたので、かなり効率的に作業に取り組めるようになりましたが、最初の頃本当にきつかったです。


Webライターは、自己管理ができるようになるまでが、1番つらいかもしれませんね!

それでもWebライターになってよかったと思うこと5つ

以下では、「それでもWebライターになってよかった!」と思えることを紹介していきます。


正直、僕はWebライターになって人生が大きく変わったので、「自由な生き方に興味がある人」や「副収入に検討している人」は、ぜひ読んでみてくださいね。

Webライターでよかったこと

  1. 目覚ましをかけなくて良くなる!
  2. 自由に好きな場所で作業できる!
  3. ブログで稼ぐスキルが身につく!
  4. 収入のコントロールが簡単にできる!
  5. 人間関係のストレスが激減する!

その1:目覚ましをかけなくてよくなる!

まず目覚ましをかけなくてよくなったことは、本当に最高だなと感じています。


当然ですが、出社する必要もなく、何時に仕事を始めようが完全に自由なので。


フリーランスになってから5ヶ月ほど経ちましたが、友人と遊ぶ日以外では、目覚ましを一度も使っていませんね。


無機質で強引なiPhoneのアラーム音から解放されまして、寝覚めが最高にいい感じです。


「目覚ましから解放される生活」のためだけにフリーランスWebライターを目指すのも、全然ありかなと思いますね。

その2:自由に好きな場所で作業できる!

自由に好きな場所で作業できるのも、フリーランスならではの特権かと。


僕は東京住まいなんですが、最近は気に入ったカフェや、コワーキングスペースを転々としていますね。


会社員時代、毎日同じ社内風景を見るのがつらかったので、どこで仕事するか考えるだけでもわくわくしていますね。

今はまだやることがあるので計画段階ですが、しばらくしたら海外をフラフラ転々としようかなとも思っています。


「見てみたい景色がある人」「本当は会社なんて通いたくない人」とかは、Webライターになったら、人生一片するはずですよ。

その3:ブログで稼ぐスキルが身につく!

ブログで稼ぐスキルが身についたのも、本当によかったなと思えることですね。


僕が仕事で受けているのは、基本的に大手メディアのWeb記事とかなんで、ブログ記事と全く同じものでして。


なので仕事でやっていることを、自分のブログに実践すれば、普通にそのまま稼げるっていう感じなんです。


Webライターだと納品した分しかお金をもらえませんが、ブログでは、一度書いた記事から半永久的に報酬が発生します。


永遠と記事を書いて稼ぐのって、正直きついなって感じる部分なので、「スキルを活かして資産形成できる」って超ありがたいんですよね。


Webライターやるのにブログやらないのは、超損失なので、詳細気になる方は以下記事をチェックしてくださいね。

Webライター&アフィリエイトが最強の組み合わせである理由3つ

アフィリエイトとWebライターってどっちが稼げる? Webライターはブログアフィリエイトをやるべき? アフィリエイトでも ...

続きを見る

その4:収入のコントロールが簡単にできる!

フリーランスのWebライターになってから、収入のコントロールが簡単にできるようになりました。


というのも会社員って「今月やばいな」とかって思っても、給料ってそうそう増やせませんよね。


一方でWebライターは、「今月収入上げたいな」と思ったら、新規で仕事をとったりクライアントに相談したりすれば、簡単に収入アップできるんです。


僕の場合は、ブログ更新を維持したいので、「今月何本くらいでどうでしょう」みたいに気軽に相談させてもらってますね。


結婚式とか突発的な支払いって結構きついですし、収入管理しやすいWebライターになれば、かなり生活が楽になりますよ。

その5:人間関係のストレスが激減する!

フリーランスWebライターになって本当に良かったのは、人間関係のストレスが激減したことです。


やはり人と会う機会が減り、関わりたくない人と無理に関わる必要がなくなったのが、大きいかなと感じてます。


僕は周囲に合わせるのが苦手で、「他人からどう思われるか」っていう価値観に引っ張られやすい人だったので、本当に楽になりました。


多少作業でつらいことがあっても、人間関係の自由を手に入れたことは、言葉では言い表せないくらい最高です。


「職場で消耗している」「お客さんと合わせるのがつらい」って方は、Webライターすごくオススメです。

1番きつい時期を速攻で乗り越える!初心者が最速で稼ぐ4ステップ

以下では、きつい時期を一気に乗り越えて「初心者が最速で稼ぐ4ステップ」を紹介しますね。


実際僕がやったやり方とほぼ同じなので、Webライターが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初心者が稼ぐ4ステップ

  1. WordPressブログを始める!
  2. Webライティングを学ぶ!
  3. クラウドソーシングで稼ぐ!
  4. マッチングサイトで稼ぐ!

ステップ1:WordPressブログを始める!

最初のステップでは、WordPressブログを作るのがオススメです。


条件のよい仕事を獲得するためには、実力を示すポートフォリオが必須になるから。


実際ポートフォリオなしだと、そもそも応募できない案件ってかなり多い感じでして。


しかもWordPressなら、仕事で使う可能性の高い「WordPress操作スキル」も身につけられます。


なおWordPressブログの始め方は、以下記事で初心者向けに解説しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

wordpressブログの始め方
WordPressブログの始め方を画像74枚でわかりやすく解説【超初心者向け】

小川フクロウ 以上のような悩みを解決できる記事を書きました! Webマーケティング企業出身の小川フクロウが説明していきま ...

続きを見る

ステップ2:ライティングを学ぶ!

ステップ2では、ライティングを学びましょう。


初心者・未経験者向け案件もあるとはいえ、最低限の基礎は身につけておくべきなので。


なおライティングの勉強には、以下の2冊を読むといいですね。

  • 新しい文章力の教室:基礎文章力が身につく
  • 沈黙のWebライティング:Web媒体の記事の書き方がわかる

最初から全部理解できなくてもいいので、ざっくりと全体像を理解できればOKです。


なお具体的なWebライティングの書き方は、以下記事を参考にしてみてくださいね。

ステップ3:クラウドソーシングで稼ぐ!

ようやくとなりますが、ステップ3ではクラウドーシングを利用して稼ぎましょう。


あえて後半でクラウドソーシングを紹介しているのは、ポートフォリオなし・スキルなしの状態で挑むと、稼げずに挫折する可能性が高いからなんですよね。


なおおすすめのクラウドソーシングサイトは、以下の2つですね!

なるべく多くの案件から仕事を探したほうがいいので、ふたつとも登録しておくのがおすすめです。


クラウドソーシングで稼ぐ効率的な手順は、以下記事で解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

Webライターの始め方
月40万円稼ぐライターの僕が教える!Webライターの始め方3ステップ

Webライターの始め方を知りたい! Webライターとして稼ぐ方法を知りたい! 文章が苦手だからWebライターできるか不安 ...

続きを見る

ステップ4:マッチングサイトで稼ぐ!

最後のステップでは、フリーランスマッチングサイトを活用して、一気に収入をアップしましょう。


フリーランスマッチングサイトとは、フリーランスと企業を結びつけてくれるサービスのことですね。


マッチングサイトを利用すべき理由は、クラウドソーシングサイトより、圧倒的に単価が高いから。

おすすめのサイト

当然ハードルも高いので、仕事を受けるには、相応のスキルや実績が必要となります。


僕もステップ4で一気に月収40万円になったので、これから取り組む方は、ひとつの目標にしてみてくださいね。

初心者Webライターからの質問3つ

以下では、Webライターデビューしたばかりの友人に聞かれた質問に回答していきますね。


「フリーランスに憧れる人」「真剣に不収入欲しい人」なら、だいたい気になるところなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

初心者Webライターからの質問

  • ライティングの作業ってきついんですか?
  • 今現在大変だと思うことはありますか?
  • Webライターだけでずっと生活できますか?

その1:ライティングの作業ってきついんですか?

ライティングの作業は、集中し始めるまでがきついんですよね。


集中すれば自動運転のようにサクサク書けて楽しいんですが、その次元にたどりつくまでは、うまく文章を作成できずにつらい感じでして。


同じ文章使い回すわけにもいかないので、常に0を1にする作業を脳内で行っていて、わりと集中力が必要なんです。


なおちょっとした工夫なんですが、作業し始めの30分〜1時間は、頭を使わずにできる単純作業に絞るといい感じで集中できますよ。


「もの作り」とかが好きな人だったら、集中モードに入ったらすごく楽しいはずです!

その2:今現在大変だと思うことはありますか?

今現在大変だと思うのは、肩と首がめちゃくちゃ痛いことです。


僕はマックブックを持ち歩いて、小さい画面で作業しているので、体への負担が結構ひどいことになってまして。


おそらくWebライターとしてがっつり活動しだすと、みんな悩むことになるかと思います。


将来的な悩みとか、金銭的な悩みとかは、ほとんどないですね。

その3:Webライターだけでずっと生活できますか?

工夫すれば生涯Webライターでもいけると思いますが、ずっと一本でやるのは精神的に持たない可能性が高いかなと。


ある程度自由な生活は手に入りますが、Webライターは時給制と変わらないので、書き続けなきゃ食えないっていうつらさがありまして。


なので培ったスキルを最大限活かして、不労所得に近い「ブログ収入」を育てている感じですね。


なお「ブログ収入ってよくわからないな」って方は、以下記事を読んでみてくださいね。

ブログの稼ぎ方とは?収入を得るための方法3つと稼げるブログの作り方

ブログで稼ぐってどういう仕組み? ブロガーはどこからお金をもらっているの? 初心者でも本当にブログで稼げるの? ブログで ...

続きを見る

自由な人生を送りたい人はWebライターになろう!

ご紹介した『初心者が最速で稼ぐ4ステップ』を実践すれば、きつい時期をなるべく早く乗り越えて、稼げるWebライターを目指せますよ!


最後に、ご紹介した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

Webライターのいいところ

  1. 目覚ましをかけなくて良くなる!
  2. 自由に好きな場所で作業できる!
  3. ブログで稼ぐスキルが身につく!
  4. 収入のコントロールが簡単にできる!
  5. 人間関係のストレスが激減する!

初心者が稼ぐ4ステップ

  1. WordPressブログを始める!
  2. Webライティングを学ぶ!
  3. クラウドソーシングで稼ぐ!
  4. マッチングサイトで稼ぐ!

なお以下記事でブログ開設の方法を解説しているので、Webライター興味あるかもって方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

wordpressブログの始め方
WordPressブログの始め方を画像74枚でわかりやすく解説【超初心者向け】

小川フクロウ 以上のような悩みを解決できる記事を書きました! Webマーケティング企業出身の小川フクロウが説明していきま ...

続きを見る

-WEBライター

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.