WEBライター

月40万稼ぐ僕が紹介!僕がフリーランスWebライターになった手順

小川フクロウ
Webマーケティング企業出身、フリーランスWebライターの小川フクロウです。

未経験から半年以内にWebライティング月収40万円達成。

  • フリーランスになりたいけどWebライターってどうなの?
  • 完全未経験でもフリーランスWebライターってなれる?
  • フリーランスWebライターっていくら稼げるの?
  • フリーランスって実際どんな生活スタイルなの?

以上のような悩みを解決できる記事を書きました!


ご紹介する『僕が感じたフリーランスのメリット・デメリット』を読めば、フリーランスWebライターになる難易度や、どんな生活スタイルを送っているのかがわかりますよ。


なぜなら、未経験〜半年でフリーランスWebライターとして月40万円以上稼げるようになった僕が、『実際に思っている感想』だけを紹介するからです。


まずは『フリーランスWebライターになるのは難しい?』という疑問に回答しているので、フリーランスの働き方が気になる方は、ぜひ読み進めてみてくださいね。


『すぐに実際にフリーランスになった道のりを聞いていみたい!』という方は、『フリーランスWebライターになった4フェーズ』から見てくださいね。

フリーランスのWebライターになるのは難しい?半年くらいはかかるかと。

僕の実感としてですが、フリーランスWebライターになるのは、そんなに難しくはないかと思います。


実際僕の場合は、未経験から半年で月40万円ほど稼げるようになり、フリーランスとして独立しました。


しかもプログラミングなどの副業と違って、未経験スタートでもすぐ収益を上げられるので、継続もしやすいです
ね。


だいたいですが、半年くらい試行錯誤しながら努力すれば、社会人と同程度には稼げるかなと感じてます。


「特別なスキルはないけどフリーランスになりたいな」って方には、Webライターぜひオススメしたいですね!

僕が感じたフリーランスWebライターのメリット6つ

以下では、僕が感じた『フリーランスのWebライターになるメリット』を6つ紹介していきますね。


現在僕が思っていることだけを書いてみたので「会社に縛られない働き方」興味がある方はぜひ参考にしてください!

フリーランスのメリット6つ

  1. 満員電車に乗らなくていい
  2. 目覚ましをかけなくていい
  3. 場所を選ばず仕事ができる
  4. 将来に期待をもてる
  5. オシャレな働き方ができる
  6. 人間関係のストレスが激減する

メリット1:満員電車にのらなくてよくなった

僕が感じているメリットのひとつ目は、満員電車にのらなくてよくなったこと。


当然フリーランスは在宅ワークのため、会社に通う必要がなくなります。


朝特有のせかせかした空気、会社に向かう人たちのネガティブな雰囲気から解放されて、精神的にすごく楽になりました。

小川フクロウ
会社員時代は、毎日おじさんたちにギッチギチに挟まれる人生に絶望していました。

フリーランスは、『毎朝会社に行くことを憂鬱に思う方』『通勤の独特のピリピリ感』が嫌な方におすすめですね。

メリット2:目覚ましをかけなくてよくなった

僕が感じたメリットのふたつ目は、目覚ましをかけなくてよくなった点です。


というのもフリーランスは、何時〜何時までのように、仕事をする時間に制約がありません。


なので朝起きようが昼起きようが、自然に目が覚めるまで眠っててOKってわけですね。


そもそもストレス低めの生活スタイルで疲れていないので、だいたい6時間くらいすれば勝手に目が覚めます。


会社員の頃、スマホの無機質&強引なアラーム音が大っ嫌いだったので、寝覚めも最高な感じです。


『本当は毎日気が済むまでゆっくり眠りたいんだ!』って思っている方は、フリーランスになると幸福度増しますよ。

メリット3:場所を選ばず仕事ができるようになった

みっつ目のメリットは、場所を選ばず仕事ができる点ですね。


Webライターは全業務がWeb上で完結するので、ネット環境があればどこでも作業できます。


なので好きなカフェで作業したり、旅行先で仕事したりと自由な感じなんです。


僕は最近だとコワーキングスペースで作業したり、海沿いの公園で作業したりとフラフラしていますね。

小川フクロウ
会社員時代、見飽きたオフィスに通うのが苦痛で仕方がなかったので、毎日「どこいこうかな」ってワクワクしています。

『見飽きた景色を見続ける人生にうんざりしている方』は、フリーランスWebライターになると人生一片すると思いますよ。

メリット4:将来の見通しが明るくなった

将来に期待できるようになったことも、僕にとってはすごく大きいですね。


というのも、自分の力だけで稼げるようになったことから、会社に依存しなくてよくなったので。


僕は会社員の頃、「この仕事をやりたいわけでもないけど、やりたいこともないな」ってずっと不安だったんですよね。


年齢を重ねるごとに転職するのも面倒になってきてたので、自分でなんでもできる状況を作れてかなり楽になりました。

メリット5:オシャレな働き方ができるようになった

オシャレな働き方ができるようになったことも、僕にとっては嬉しいメリットかなと思います。


かなりチープな感想なんですが、フリーランスとしてカフェで作業するのって、「なんかちょっとカッコいいな」って憧れていたので。


でもカフェでマックブックを開きながら「もしかして俺、仕事できそうな人に見られるんじゃないの。」とか内心考えることがあります。笑


実際にカッコいいのかは不明ですが、ファッション感覚でフリーランスを目指すのも、全然悪くないかなと思いますよ。

小川フクロウ
一度フリーランスになったからって、会社員に戻れないわけでもないですしね!

メリット6:人間関係のストレスが激減した

特に僕が実感しているのが、人間関係のストレスが激減することですね。


会社に行かなくなってから、誰かに話しを合わせたり気を使ったりする機会が激減したので、限りなくノーストレスです。


「孤独じゃない?」ってよく聞かれるんですが、フリーランスの友人も多いので、孤独感は薄いですね。

小川フクロウ
フリーランスの友人とは、カフェに集まって遊びながら仕事していますね。

『他人にどう思われるか気になり疲弊してしまう人』とかには、すごくオススメの働き方かなと思いますよ。

僕が感じたフリーランスWebライターのデメリット2つ

以下では、僕が実際に感じた『フリーランスWebライターのデメリット』を紹介していきます。


自由だからといっていいことばかりでもないので、「フリーランスって実際どうなの?」と気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスのデメリット

  1. 自己管理能力が問われてつらい
  2. 安定するまでは精神的につらい

デメリット1:自己管理能力が問われてつらい

最大のデメリットは、自己管理能力が問われるので、精神的にきついことです。


というのも、フリーランスはプレッシャーがないので、放っておくと仕事が全く進みません。


結果として、締め切り前になって大慌てで作業して、精神的に追い詰められるイメージですね。


継続すると慣れてくるので、安定的に作業できるようになりますが、何回か絶望する可能性大です。


『自制心なら自信あるよ』っていう方なら問題ありませんが、僕みたいに宿題とかやらないタイプの人は、大変かもですね!

デメリット2:安定するまでは精神的につらい

安定するまで精神的につらいのも、フリーランスのデメリットと言えますね。


稼げるようになる時って急にやってくるので、それまでは本当に稼げるようにるか不安なんですよね。


しかも仕事を取れても、クライアントの都合で「明日から仕事ないや!ごめん!」みたいなパターンもあります。

小川フクロウ
実際僕は過去に2回ほど経験してますね!やめたい仕事だったので大丈夫でしたが!

『そこまでしてやりたくないな』って思う方には、向いていないかもしれませんね!

僕が実際にフリーランスWebライターになった4フェーズ

以下では、僕が実際にフリーランスWebライターになるまでのフェーズを紹介していきますね。


今考えても「手順としては最適な流れだったな」と思うので、「これを機にチャレンジしてみたいな」って方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


「未経験からでも堅実に成長できる手順」なので、以下流れ通りに進めればフリーランスを目指せますよ。

フリーランスになった4フェーズ

  1. ポートフォリオを作成する
  2. Webマーケティング企業に入社(スキルを学ぶ)
  3. クラウドソーシングで仕事を受ける
  4. フリーランスマッチングサイトで仕事を受ける

フェーズ1:ポートフォリオを作成

僕の場合、まず最初に実力を示すための資料「ポートフォリオ」を作成しました。


理由は簡単で、実力を示す資料(ポートフォリオ)がないと、まともに仕事を受けられないってネットにのってたので!


後にわかったのですが、ポートフォリオが必須なのって事実でして、なしだと本当に激安案件くらいしか応募できないんですよね。


WordPressでブログを作成しておけば間違いないので、「興味あるな」って方はまずブログ作成から取り組むといいですよ!


なお以下記事で、ブログ開設方法を詳しく説明しているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

wordpressブログの始め方
WordPressブログの始め方を画像74枚でわかりやすく解説【超初心者向け】

小川フクロウ 以上のような悩みを解決できる記事を書きました! Webマーケティング企業出身の小川フクロウが説明していきま ...

続きを見る

フェーズ2:Webマーケティング企業に入社(スキルを学ぶ)

「まず徹底的にスキルを磨こう!」と思いまして、未経験OKで募集していたWebマーケティング企業にライターとして入社しました。


Webマーケティング企業では、収益額が尋常なモンスターメディアに配属されまして、編集長に文章力とSEOを仕込まれた感じです。

小川フクロウ
1記事60時間かかっても校了(完了)できないくらいでして、毎日書きながら絶望しました。笑

さすがに転職はなかなかできないと思うので、文章力とSEOを徹底的に学ぶなら、以下の方法がオススメです。

実践レベルの文章力を学ぶ方法

  • ライティング本を読む:「新しい文章力の教室」「沈黙のWebライティング」「文章力の基本」
  • 良い文章を写経する:「文章力の基本」内の全コラム、「バズ部SEOカテゴリー」、新聞とか本がおすすめ
  • ブログで10記事ほど練習する:得意分野でいいので競合サイトを真似して書いてみる

実践レベルのSEOを学ぶ方法

  • バズ部SEOカテゴリー」を読む:全て読んで理解する
  • ブログ運営を行う:自分でメディア運営しないと理解深まらないので

Webライターの仕事をこなしながらでいいので、このくらい勉強すれば、フリーランスとしても普通にやっていけると思いますね!


なお「ちょっと勉強してみたいかも!」って方は、以下記事でオススメ勉強方法を紹介しているので、チェックしてみてくださいね!

webライティングが上達する!おすすめ練習方法4つを解説【初心者】

小川フクロウwebマーケで内部ライターやってた小川フクロウです! webマーケにいた頃は、1記事校了するのに60時間以上 ...

続きを見る

フェーズ3:クラウドソーシングで仕事を受ける

Webマーケティング企業に所属しながら、クラウドソーシングで仕事を受けていました!


副業NGの会社でしたが、フリーランスWebライターになるために入社したので内緒で活動していましたね!


なお僕は、以下2社をメインで利用してまして、文字単価1.0円〜2.0円くらいで月10万円ほど稼いでいましたよ。

  • 業界最多案件数:クラウドワークス
  • 幅広いジャンルが魅力:ランサーズ

正直、「副業で10万円稼ぐ」ってかなり大変なので、「何のためにWebライターやるのか?」っていう目的意識が問われますね。


でも独立できるレベルに稼げれば、本当に人生が変わるので、やったみたい方はぜひ取り組んでみてください。

フェーズ4:フリーランスマッチングサイトで仕事を受ける

そして最後のフェーズでは、フリーランスマッチングサイトで仕事を受け始めました。


クラウドソーシングとは単価がまったく違うので、一気に安定的に稼げるようになりましたね。


文字単価3.5円以上や時給単価2000円くらいの案件を獲得しまして、収入が30万円〜40万くらいになった感じです。(回せないのでWebマーケ退社)


なお僕ががっつり仕事をゲットしたサイトは、以下の通りです。

  • クラウドテック
  • WorkShip
  • Wantedly

「フリーランスになってみたいな!」って方は、ぜひ参考にしながら挑戦してみてくださいね!

フリーランスWebライターに関するQ&A5つ

以下では、フリーランスWebライターに関する質問に回答していきます!


全て今の僕の体感で回答するので、『実際に未経験から独立した人の話を聞きたい』と思っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

見出し(全角15文字)

  1. 年齢的に早い遅いはありますか?
  2. 1日何時間くらい作業していますか?
  3. どんな生活を送っていますか?
  4. きつい時ってありますか?
  5. MAXでいくらくらい稼げますか?

質問1:年齢的に早い遅いはありますか?

年齢的な早い遅いは、気にしなくてOKかなと。


もちろん若ければ若いほど物覚えがいいので、成長スピードは早いと思いますよ。


でもある程度年齢いっている人の方が、マインド面で優れていることが多いので、どっちもどっちです。


やってみたいと思っているなら、年齢を理由に迷う必要はないですよ。

質問2:1日何時間くらい作業してますか?

日によるんですが、Webライターの仕事だけなら1日5〜6時間くらいです。


ブログ運営でも収入アップしたいので、プラスして5時間くらいはブログを書いてます。


月20万円くらいでいいなら、1日2~3時間くらい作業すれば稼げちゃいますね。

質問3:どんな生活を送ってますか?

朝9時〜11時くらいに適当に起きて、カフェやコワーキングスペースをはしごしながら作業してますね。


僕は自己管理能力弱めの人なので、何時〜何時までがっつりやってます!」みたいな意識高い動きはしてません。


ブログ収入がライター収入を上回ったら、拠点を海外に変えてブラブラしようと思ってます!

質問4:きつい時ってありますか?

きつい時は、結構ありますね!


たとえば、以下のような時とかはつらさを感じますね。

  • 締め切り前なのに手付かず状態
  • わりと高めの税金の支払い
  • 体調が悪くて集中できない時
  • 理解度の低いクライアントに会った時(今はない)
  • 提出するたびに修正箇所が増えて終わらない(今はない)

会社員のきつさとはちょっと違ってフリーランスはきついことも楽しく感じられますよ。


なんにでもきついことってあるので、まぁしょうがないかなと思って活動しています!

質問5:MAXでいくらくらい稼げますか?

Webライティングだけだと、50〜60万円くらいが相場になるかと。


なかには月100万円以上稼いでいる人もいますが、かなり個人名が売れていないと厳しいですね。


単月だけでいいなら、僕も月50万円〜60万円はいけると思いますが、多分継続ができないはずです。


ライターだけでっていうのは若干収入に不安があるので、ブログ収入で安定化を測っています!

自由な人生を送りたいならフリーランスを目指そう!

ご紹介した『フリーランスのメリット・デメリット』を理解して、『フリーランスになった4フェーズ』を実践すれば、未経験からでもフリーランスWebライターを目指せますよ。


最後に、ご紹介した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

見出し(全角15文字)

  1. ポートフォリオを作成する
  2. Webマーケティング企業に入社(スキルを学ぶ!)
  3. クラウドソーシングで仕事を受ける
  4. フリーランスマッチングサイトで仕事を受ける

『より未経験者向けのWebライターの始め方をちゃんと知りたい!』という方は、合わせて以下記事を読んでみてくださいね。

月40万稼ぐ僕が教える!未経験でWebライターになる5ステップ

Webライターは未経験でもなれるの? 未経験・初心者はどうやってWebライター始めればいい? 未経験からでも稼げるWeb ...

続きを見る

-WEBライター

Copyright© ノマドノブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.