WEBライター

現役ライター監修!webライターの副業で稼ぐ5つのポイントを解説!

webライターで稼ぐ方法の画像
・副業でwebライティングをやってみたいけど、やり方がわからない!

・webライターの仕事は初心者でも本当に稼げるの?

・webライティングで月10万円稼ぐにはどうしたらいい?

この記事では、このような悩みを解決できる内容を紹介しています。

これからご紹介するwebライターの副業で稼ぐポイント』を実践していけば、副業で月5万円〜月10万円は稼げるようになります。

なぜなら、未経験でwebライターになった僕自身が実践して、3か月目には月10万円以上を副業で稼げるようになったからです。

小川フクロウ
小川フクロウ
4か月前までライター素人の小川フクロウです!現在はフリーランスの仕事だけで生計を立てています!

僕の場合、未経験でライターになって3か月間は、webマーケ企業でメディア運営側の仕事をしていました。

クライアント側にいた経験から、webライターとして稼ぐために必要な「大切なポイント」に気付けました。

webライターのお仕事は、しっかりポイントを押さえて活動すれば、文章を書くのが苦手な方でもちゃんと稼げます。

この記事は、『未経験スタートの僕が実際に経験したこと』をベースにしているため、ライター初心者の方が実践しやすい内容になっています。

【この記事の主な内容】

・副業でwebライターを始める3つの手順

・webライティングで5万円稼ぐための5つのポイント

・webライティングで10万円稼ぐための5つのアドバイス

webライターで稼げるようになりたい方は、是非参考にしてみて下さい!

webライターとはweb媒体の記事を書くライターのこと

ライターの仕事中の画像

webライターとは、webサイトの記事を書く職種のことです。

具体的に、webライターは、以下のような記事を書きます。

・今読んでいるようなこのブログみたいな記事

・脱毛、美容、旅行、趣味、グルメなどさまざまなジャンルのサイトの記事

調べごとをする際には、GoogleやYahooのブラウザで検索して、webサイトを閲覧することってありますよね。

小川フクロウ
小川フクロウ
検索して出てきたwebサイトの記事は、「webライター」が書いています。

また、webライターのお仕事は、「ランサーズ」や「クラウドワークス」など、クラウドソーシングサイトで簡単に受託できるため、初心者や未経験者でもすぐに取り組めます。

webライターは、経験ゼロで副業を始めてみたいと思っている方に、ぴったりのお仕事なんです。

専門知識がなくてもwebライターになれる理由

専門知識がなくてもwebライターになれる理由は、記事にするために必要な情報を、ネットで調べながら書いて良いからです。

小川フクロウ
小川フクロウ
文章を写すのは絶対NG、調べた情報を自分の言葉で書くのはOKです!

実際に、僕は「クレジットカード」「鼻毛カッターの比較」「詰まったトイレの治し方」など、全くと言っていいほど興味のないジャンルの記事を、調べながら執筆してきました。

ネタになる専門知識がなくて不安な方でも、webライターの仕事は安心して取り組めるのです。

副業でwebライターをやる2つのメリット

ライターの仕事中の画像

webライターの仕事には、副収入を得られること以外にさまざまなメリットがあります。

なお、副業でwebライターをやるメリットは、以下の通りです。

・時間や場所を選ばずに仕事ができる

・スキルを伸ばせばフリーランスとして独立できる

webライターの副業を検討している方は、それぞれのメリットを確認していきましょう。

時間や場所を選ばずに仕事ができる

副業でwebライターをやるメリットには、時間や場所を選ばずに仕事できる点が挙げられます。

webライターは、パソコンがあればどこでも作業できるため、会社に出勤せず自由に仕事ができるのです。

たとえば、webライターの仕事では、作業のやり取りを「chatwork」や「skype」など、チャットアプリで行います。

小川フクロウ
小川フクロウ
受託から納品までweb上で完結するから、時間も場所も自由にコントロールできるんです!

時間や場所に縛られずに仕事ができるリモートワークこそ、webライターの醍醐味ですね。

スキルを伸ばせばフリーランスとして独立できる

副業でwebライターをやるメリットには、スキルを伸ばせばフリーランスとして独立できる点が挙げられます。

ライターに必要なスキルを伸ばせば高単価の仕事を受託できるので、フリーランスとして生活できるだけの収入を得られるのです。

webライターの業界には、「初心者向けの低単価な案件」から「上級者向けの高単価な案件」まで、スキルに応じてさまざまな仕事があります。

小川フクロウ
小川フクロウ
webライターは稼げないって意見もあるけど、ちゃんと考えて動けばそうでもないですよ!

webライターとして独立してしまえば、海外や田舎に移住して自由気ままに仕事をすることもできます。

「旅をしながら生活したい」「海外でのんびり仕事したい」など、自由な生活をする夢がある方にとって、webライターの仕事はおすすめと言えるでしょう。

副業でwebライターを始めるための3つの手順

ライターの始め方のイメージ画像

webライターの仕事を始める場合、以下の3つの手順通り進めれば、スムーズに仕事を受けられるようになります。

1.勉強:ライティングの本を2冊読む

2.準備クラウドソーシングサイトに登録する

3.実践:クラウドソーシングサイトで仕事を受ける

webライターを始めるための手順は、「勉強」「準備」「実践」の流れになります。

副業でwebライターを始めたい方は、それぞれの手順を確認していきましょう。

勉強:ライティングの本を2冊読む

web媒体で文書を書くためには、事前準備が大切になります。

文章を書くことに苦手意識を持っている方が多いのですが、webライティングは「基本的なルール」さえ理解すれば、誰でもできるようになります。

なお、執筆の基礎を理解するためには、以下の2冊の本を読みましょう。

・新しい文章力の教室

・沈黙のWebライティング

新しい文章力の教室

新しい文章力の教室」は、有名ニュースサイト「ナタリー」の編集長である唐木元さんが書かれたライター必読の名本です。

「文章の構造」や「論理展開」を理解するのに最適な内容のため、しっかり読み込みましょう。

沈黙のWebライティング

 

沈黙のWebライティング」では、web媒体の記事に重要な「SEO対策」について、非常にわかりやすく解説しています。

「SEO対策」とは、Googleの検索結果で上位表示させるために必要なスキルのことです。

SEO対策を理解するには時間がかかるので、ざっと読んでおくだけで十分です。

実際に仕事を受けながら理解していくようにしましょう。

準備:クラウドソーシングサイトに登録する

お仕事を受託できる「クラウドソーシングサイト」に登録しましょう。

なお、おすすめのクラウドソーシングサイトは、以下の通りです。

【おすすめのクラウドソーシングサイト】

クラウドソーシングサイト 特徴
クラウドワークス 初心者向け案件が豊富
ランサーズ 好条件の案件が豊富
サグーワークス テスト制度などで実績を作りやすい

どのクラウドソーシングサイトでもライティング案件を受託できるため、好きなサイトを選んで大丈夫です。

実践:クラウドソーシングサイトで仕事を受ける

早速、登録したクラウドソーシングサイトで仕事を受けましょう。

webライターのお仕事は、実際にやりながら学んだ方がスキルアップしやすいからです。

また、案件ごとにマニュアルが付いているため、ライティングの案件が取れた後、説明なしにスタートするわけではありません。

小川フクロウ
小川フクロウ
とはいえ、実際に1件目の仕事を受けるのって緊張しますよね。

webライターの副業で稼ぐためには、一記事目の依頼を受けることが「第一関門」と言えます。

仕事を依頼するかどうかはクライアントが判断することなので、「まずはやってみる!」という気持ちで勇気を出して仕事を受けましょう!

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」で仕事を探す手順

一例として、クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」で仕事を探す手順を紹介します。

クラウドワークスの操作画面の画像

まず、ログイン後に画面上部の「仕事を探す」ボタンを押します。

クラウドワークスの操作画面の画像

そして、画面左側の「仕事カテゴリ」の中から、「ライティング・記事作成」の項目を選びます。

クラウドワークスの操作画面の画像3

「ライティング・記事作成」というページでは、webライター向けの案件がたくさん出てくるので、この中から希望の条件に合うお仕事を探しましょう。

「文字単価」や「業務内容」など、仕事の条件が具体的に記載されているため、未経験の方でも簡単にお仕事を探せるようになっています。

Webライターとして5万円稼ぐために大切な5つのポイント

5万円稼ぐためのポイントのイメージ画像

Webライターとして月に5万円以上稼ぐためには、以下のポイントが大切になります。

【Webライターとして5万円稼ぐポイント】

・文字単価の相場を知っておく

・執筆するジャンルにこだわりすぎない

・単価が高い案件には積極的に申し込む

・すぐに収益にならなくても諦めない

・悪い評価が多いクライアントの案件は避ける

Webライターとして月5万円を稼ぐポイントは、条件の良いライティング案件を獲得するために大切なことです。

これから副業でwebライティングを始めたい方は、それぞれのポイントをチェックしておきましょう。

文字単価の相場を知っておく

クラウドソーシングのライティング案件では、1文字何円という計算で報酬が発生します。

そのため、webライティングで稼ぐためには、文字単価の相場を把握しておくことが大切になります。

相場を知らずにwebライターの仕事を始めた場合、極端に報酬の少ない案件を受託してしまう可能性があるからです。

なお、クラウドソーシングサイトの文字単価の相場は、以下の通りです。

【文字単価の相場】

文字単価 対象者(目安)
0.1円〜0.5円 初級者
0.5円〜1.0円 初級者
1.0円〜1.5円 初級者/中級者
1.5円〜2.0円 中級者
2.0円〜2.5円 中級者/上級者
3.5円以上 上級者(専門知識が必要)

受託できる文字単価は、経験してきた職業や執筆能力によって異なるため、あくまでも目安です。

小川フクロウ
小川フクロウ
実際に、僕は2か月目くらいの時には2.0円以上の案件を受けてました。

最初は受注実績も付けた方が良いので、0.5円〜1.0円あたりがおすすめです。

早い人は、最初から2.0円以上の案件を受託できる人もいるので、相場はあくまで目安として理解しておきましょう!

記事のジャンルを選り好みしすぎない

記事のジャンルを選り好みしすぎると、執筆できる記事がなくなってしまいます。

クラウドソーシングサイトでは、希望単価や希望ジャンルなど、希望条件に100%マッチした案件がないことも多いからです。

なお、クラウドソーシングサイトには、以下のような案件があります。

【募集している記事のジャンル】

脱毛、金融、ガジェット、アプリ、スマホ決済、保険、住宅系、音楽、グルメ、キャンプ、釣り、etc…

また、書きやすいジャンルは、応募者が多く競争率が高いため、執筆できないことも多いです。

副業のwebライティングで収益を上げる際には、執筆ジャンルを選り好みしすぎないように気をつけましょう。

単価が高い案件には積極的に申し込む

webライターの収益を上げるためには、なるべく単価が高い案件に申し込むことが大切です。

高単価の案件を獲得できれば、収益が2倍や3倍になることも十分にあり得るからです。

なお、単価が高い案件には、「上級者が多い」「募集要項のハードルが高い」といった特徴がありますが、一切気にせずどんどん申し込みましょう。

小川フクロウ
小川フクロウ
執筆できるかどうかを決めるは、クライアントだからね!ライターはやりたいかどうかだけでOK。

タイミングが良かったり、職歴がマッチしたりすれば、レアな高単価案件でも受託できる可能性は多いにあります。

募集している案件に応募するのは、webライターの自由なので、遠慮せずにどんどん申し込みましょう。

すぐに収益にならなくても諦めない

webライターとして稼ぐためには、すぐに収益にならなくても諦めないことが大切です。

執筆の依頼を受け始めた最初の頃は、webライターの仕事の特性場、記事を作成できる本数が限られるからです。

たとえば、ライティング案件を受ける場合、テストライティングと呼ばれる「テスト記事」を書くことが多いため、すぐに仕事を始められる訳ではありません。

そのため、本格的に報酬が発生する記事を書けるのは、テストライティングに受かってからになります。

小川フクロウ
小川フクロウ
クライアントさんがテストライティングをチェックするのにも時間かかるからね!

僕もそうでしたが、最初の1か月目に収益を出すのは難しいです。副業としてやるなら、2か月目以降から稼ぎやすくなります!

また、クライアントさんごとに執筆用のマニュアルがあり、内容を把握するのにも時間がかかります。

webライターで月5万円以上稼ぐためには、諦めずに2〜3ヶ月程度続けることが肝心です。

悪い評価が多いクライアントの仕事は受けない

悪い評価が多いクライアントの仕事は、なるべく受けないようにしましょう。

常識のない対応をされて、ライターの仕事を続けるモチベーションが下がってしまう可能性が高いからです。

たとえば、以下のような対応をされる可能性があります。

【常識のない対応の一例】

・募集してたジャンルと全く違う記事を提案される

・執筆に関するルールがあまりにも厳しすぎて無理ゲー

・最初に話していた文字単価より全然低い

小川フクロウ
小川フクロウ
僕の場合、募集してたジャンルと全然違う「詰まったトイレを治す方法」を書くことがありました。

トイレが詰まった際には、僕に相談してくれれば、各状況に応じて最適な解決策を提案させて頂きます。

どのクラウドソーシングサイトでも、クライアントの評価欄のコメントを確認できるため、ライティング案件を受ける際にはチェックすることをおすすめします。

現役だから言える!webライターで10万円稼ぐための5つのアドバイス

アドバイスしているイメージ画像

webライターの仕事で本格的に収益を伸ばすために、5つのアドバイスがあります。

なお、webライターで10万円稼ぐためのアドバイスは、以下の通りです。

【webライターで10万円稼ぐためのアドバイス】

・文字単価は1円以上を目安にしよう

・得意分野を作ろう

・ブログやnoteを作ってポートフォリオにしよう

・受託する案件は増やしすぎないように気をつけよう

・単価アップを交渉しよう

10万円以上稼ぐためのアドバイスは、webライティングで本格的に副収入を得たいと思っている方向けです。

文字単価は1円以上を目安にしよう

文字単価1円以上の案件を受けることは、もっとも重要なアドバイスです。

作業できる時間が限られている「副業」としてやる以上、文字単価1円以下のお仕事で月収10万円以上稼ぐのは、非常に難しいと言えるからです。

たとえば、副業に割ける時間を毎日3~4時間程度とした場合、1日にかける文字数の目安は3,000文字〜4,000文字程度です。

「文字単価0.5円」と「文字単価1.0円」で、1か月に稼げる金額を比較してみましょう。

文字単価0.5円×4,000文字(1日)×30日(1か月)=60,000円/月

文字単価1.0円×4,000文字(1日)×30日(1か月)=120,000円/月

小川フクロウ
小川フクロウ
僕は実際に0.2円のライティング案件を受けて挫折したことがあります。

実体験を持って言えますが、単価が低い案件はやりがいを感じられないため、継続が困難です!

また、文字単価0.5円と1.0円のお仕事では、ライターに求められるスキルがほとんど変わりません。

ライターとしての収入をアップしたい方は、文字単価1.0円以上の案件を獲得して、効率良く稼いでいきましょう。

得意分野を作ろう

得意分野を作ることで、ライティング案件を受託できる可能性が高くなります。

専門知識がある方が執筆すると、グーグルの検索エンジンで上位表示する可能性が高くなるので、クライアントに重宝されやすいです。

なお、同じジャンルの案件を続けていれば、リサーチしながら記事を書くうちに専門知識が身につくため、勝手に得意分野になります。

小川フクロウ
小川フクロウ
実際に、僕はウェブマーケに所属していた頃に「クレジットカード」のジャンルにチャレンジして、上位表示をガンガン連発させるようになりました。

現在では、「クレジットカード」系でまともなサイトからの依頼であれば、上位表示させる自信があります!

また、本業のお仕事で経験してきた領域も、得意分野として活躍します。

過去にやっていた仕事など、得意なジャンルをプロフィールでアピールして、高単価案件を獲得しましょう!

ブログやnoteを書いてポートフォリオにしよう

ブログやnoteを開設して、現在の「文章力」や「人間性」を見せられるサイトを作りましょう。

クライアントは、「ライターの実力」や「人間性」を把握してから仕事を依頼したいと思うからです。

クライアントも仕事でクラウドソーシングサイトを利用しているため、極力揉め事や手間になってしまうことは避けたいのです。

小川フクロウ
小川フクロウ
対応の良くないwebライターさんも普通にいますからね!

無料で作れるはてなブログnoteで十分なので、仕事を取りやすくするためにポートフォリオを作っておきましょう!

受託する案件は増やしすぎないようにしよう

受託する案件を増やしすぎると、執筆作業以外に大幅に時間を取られるため、効率的に稼げなくなります。

たとえば、以下の作業に時間がかかることが多いです。

【時間を食ってしまう作業】

・それぞれのメディアのマニュアルを読む

・すぐに覚えられないので、書きながらマニュアルを読む

・各ジャンルの情報のリサーチ

特に、案件ごとのルールを覚える際には、執筆しながらマニュアルを読むことになるため、時間も労力もかかります。

小川フクロウ
小川フクロウ
マニュアルには、記事の書き方や使ってはいけない言葉などが書かれてます!

また、「月の納品本数で文字単価がアップするシステム」を導入しているメディアもあるため、案件を絞った方が収入アップの可能性が高くなるのです。

より短い時間で収入アップしたい方には、メインで執筆する案件を3〜5本程度に絞る方法がおすすめです!

単価アップを交渉しよう

単価アップは、1~2ヶ月程度執筆したら積極的に交渉してOKです。

クライアントとしても、ライターが安定して長期的に執筆できる環境を作りたいと思っているからです。

ただし、単価アップの伝え方には工夫が必要です。

単価アップしれくれなければやめたいと思います。

正直言って、よその方が条件良いので、全然割りに合いません。

マニュアルもやたら長いし、なんか細かいことばっかし言うし。

このスットコドッコイが!

いつもお世話になっております!

実は、今後の執筆のことでご相談があり連絡させて頂きました。

現在、他のメディアで受けている文字単価が2円のため、こちらのメディアの単価に時間を割きにくい状況になっております。

私としては、今後もこちらのメディアに力を入れて執筆したいため、「長期的に執筆できる状況」にできないかと考えております。

つきましては、今現在1円の文字単価を1.5円前後に変更して頂くことは、可能でしょうか。

お忙しいところ恐縮ではございますが、ご検討いただけたら幸いです!

小川フクロウ
小川フクロウ
言い方を守れば、別にクビになることはないんで、どんどん交渉するのはありですよ!

文字単価をアップするためには、交渉が必要になるため、積極的にアピールすることをおすすめします。

webライターは未経験でも稼げるおすすめの副業!

webライターの仕事は、未経験の方でも稼げるおすすめの仕事です。

webライティングは、子供の頃から使ってきた「日本語」を使う作業のため、経験がなくても取り組みやすいからです。

実際に、現在活躍しているwebライターの大半は、ライター業未経験でスタートしている方ばかりです。

最後に、ご紹介した内容をもう一度確認しておきましょう。

webライティングを副業として始めるための手順は、以下の3つです。

1.(勉強)2冊の本を読む

2.(準備)クラウドソーシングサイトに登録する

3.(実践)クラウドソーシングサイトで仕事を受ける

webライターで稼ぐためには、以下の2冊の本を読見ましょう。

【webライターとして稼ぐための必読書】

 

クラウドソーシングサイトは、以下のサイトに登録しましょう。

【おすすめのクラウドソーシングサイト】

webライティングで稼ぎたい方は、本記事で紹介した内容を是非実践してみてください!

ABOUT ME
小川フクロウ
28歳SEOライターをやっています!「SEO」のことはよくわかりませんが、 「セオ」って読むことだけは知っています!